So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

足りなかった~ [鉄橋製作記]


zzz05150.jpg
歩路板を貼り付けました









zzz05151.jpgついでにもう老朽化?した赤い鉄橋にも同じ工法を取り入れようと・・・・









zzz05152.jpg
根性が曲がっているせい? 真っすぐ貼ったつもりが撚れた~(^^;








zzz05153.jpg
赤い鉄橋も・・・・・









zzz05154.jpg
今度はガードレールを貼り付けます









zzz05155.jpg
これで完成です 今度は右の線路も同じ工作です









zzz05156.jpg
これで完成です あとは保線員さんが脚を滑らさないことを願うのみ

あ、そうそう、私がまだ子供の頃の設定でレイアウトを作り出した

のですが 子供の頃の鉄橋はこんなもの付いていないで足元スカスカ

でしたからね~ストライキの時の線路歩きでは鉄橋が鬼門でした

今はストライキはないし 線路内に立ち入ったらとんでもないことに

なりますからね~(^^;









zzz05157.jpg
一寸多めに作ったつもりでしたが どうやら複線であること忘れて

いた様です 全く足りませんでした~

本当にどんくさいですね~









zzz05159.jpg
出来上がった緑鉄橋の感じはこんな感じです

この鉄橋今のところまだ歪んではいないようです









zzz05160.jpg
既に塗装済みの線路側にマスキングして つなぎ目の色合いが

濃くならないように塗装します









zzz05162.jpgどうやら失敗したようです 分割部分より手前が濃くなって

しまいましたね~









zzz05163.jpg
さて、今日のブログは最初と最後がこの様な画像でしたね~

不足のガードレールの準備をしています

間もなく鉄橋の工事が終わりそうです 本線の復旧が近づき

ましたね~

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

nice!(23)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 23

コメント 6

横濱模型

ガイドレールに保路、ウェザリングで一瞬にして以前からあったあの橋以上にグレードアップして戻り、見事な復活です。本線復活までカウントダウンでしょうか。本線走行が早く見たいです(;^_^A

by 横濱模型 (2018-07-09 08:24) 

トータン

横濱模型 さん コメントありがとうございます。
歩路には滑り止めの表現が無く扁平な板でものたりないのですがこの爺さんには拡大しないと見えないので横着しちゃいました(^^;
今のところ歪みもないようです この鉄橋は本線ですので本線の開通が出来れば運転が出来るのですがあと2か所ほど修正しないと同じ曲者のE10が走行出来ないような気がします 頑張ります(^^;
by トータン (2018-07-09 12:56) 

青い森のヨッチン

今回の豪雨ではいったい何本の橋脚が被害にあったのかなぁ~と思います。
模型でも実物でも架橋工事は大変ですよね~
by 青い森のヨッチン (2018-07-09 17:05) 

トータン

青い森のヨッチン さん nice!、コメントありがとうございます。
本当に被害が大きいですね~犠牲者も100人超えて更には行方不明者も多数ですからね 失った命は戻らないですからね 橋脚はまだ作り直せるからいいですが 毎日のニュースが悲惨です。
by トータン (2018-07-09 17:50) 

東濃鉄道

「足りない」資材不足に気付かないくらい一気に作り上げましたね。こんなに順調な『冷や水鉄道』建設記も久しぶりでは?(オイオイ<(_ _)> )
今回の大雨、県内でも犠牲者が出ています。土砂崩れなんて、人が暮らしていない山の中で、それも極く稀に発生するものであったはずなんですが。また、河川の氾濫も、通常時の水位がはるか下方に見える位置まで一気に水嵩が増し、程なく一気に水が引いた被災地もあったようで、使いたくない言葉ですが、まさに『想定外』の天災でした。
 <(_ _)>


by 東濃鉄道 (2018-07-09 20:31) 

トータン

東濃鉄道 さん コメントありがとうございます。
鉄橋が複線であることをすぐに忘れてしまうんです 単線分しか無ければ足りないはずです 判っちゃいるのですがつい・・・・・
天災って想像を絶するものですから 何が起きるかなど判らないです 本当に悲惨なことになりましたね 当方のそばのあの川も一寸多めに雨が降ると水嵩が危険水位に達することが有りますので対岸の火事とは思えないものがあります 昔は良く氾濫していましたからね
by トータン (2018-07-09 22:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。