So-net無料ブログ作成

やってみました [レイアウト製作記]


zzz03290.jpg
先ずは天空ヤードから出て最初のギャップ部(ダルマピン)

そして・・・・・









zzz03292.jpg
最初の訂正箇所が見つかりました 20輌編成では このギャップ部は

全く無意味 完全に車両が乗っかってしまいます 尤も冷や水では

20輌編成などありませんが コンテナだったら可能性は無きにしも非ず

ですからね~









zzz03293.jpg
そうして第2のギャップはダルマピンです









zzz03294.jpg
第三のギャップはここ(ダルマピン)

20輌編成は見事に閉塞区間内です









zzz03295.jpg
第四のギャップ地点では(画鋲)単なる閉塞ではなく 山線基地から

登ってきた列車との合流がありますので ある種特殊の問題に









zzz03296.jpgさて、問題はその部分からなんです









zzz03297.jpg
第四の閉塞区間から抜けた先は・・・・









zzz03298.jpg
先頭が完全に山の中









zzz03299.jpg
右奥にもう2輌隠れています そんな山の中にATS地上子の設置は

無理に等しいです そしてたまたま線路がこの路線に切り替わって

いたためですが 本来は一番手前の線路を使っているんです

そう、今車両が居る部分はあり得ない山中の待避線なんです

勿論その待避線に20輌編成など収まる長さではありません

それと この待避線は今回の いや今までのATSには問題あり

なんです 若し待避線に列車を入れたら その先にあるATS地上

を踏むことは永遠にないため D線全線不通になってしまいます

調べたところ この退避線を廃止すると 山中の線路メンテが

完璧に楽になること デメリットは本線から補機にて登ってきた

列車が収まる線路が無くなってしまうこと しかし本来は本線への

連絡線路であってフル編成が登れるような勾配ではないんです








これが証拠の動画です












zzz03300.jpg
さて、調査を続けてきたのですが この様に編成が重いため登り勾配では

先頭車を引っ張り上げたらこの様に転覆してしまいました

調査とは言えこの現状を回復するには大往生! ここまで来るまでに

山の中へは引っ張ることも出来ないので後ろの車両を押して推進

その際トンネル内の登り勾配で重量に耐えられず中間の2両が

跳ねだされて転覆なんぞありまして 復旧に手間取りました~









zzz03301.jpg
撮影には自走してしまう部分もあるため最後尾にはライターを置いての

撮影にzzz03302.jpg

今度は山線の閉塞区間がこの位置  そして









zzz03303.jpg
最後尾はこの位置に ギャップはトンネルの向こう 丁度6両が

ギャップの外ということになります 20-6=14 ん~ん

やっぱり14両編成が目いっぱいってところ? でも・・・・・・

コンテナ編成を考えると これで諦めてしまうことはコンテナ締め出し

ってことになりますからね~ ギャップ位置を考えましょう









zzz03304.jpg
しかし、朗報もありました 20m級20輌編成がすっぽり収まる

路線がここにありました~もちろん留置できます こんな長い待避線

有ったんですね~(^^


今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

nice!(30)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 30

コメント 10

青い森のヨッチン

時々、虫干しを兼ねて単線エンドレスでしか走らせていないので”ギャップ”とは無縁でイマイチよくわかっていません。
DCCとか便利そうですが最近、SONYかどこかのメーカーで乾電池にWifiとコントロール機能を組み込んでプラレールをスマホで動かす動画を見ましたがHOとかなら実現可能かもしれないなぁと眺めていました。単4電池ならNにも組み込めるかも?でも容量が足りないのかなぁ?
by 青い森のヨッチン (2017-09-18 10:09) 

東濃鉄道

広いレイアウトですから、フル編成がお似合いですし、気持ちも良いですよね。コンテナ列車なんて最高・・・・何両繋げることが可能なんでしょう?これ 考えるとホームの長さ、ヤードの長さ・・・可能な限り伸ばしたくなります。(^O^)l/
輸送量、東海道新幹線の列車、次から次へと過密ダイヤ。1編成16両で、乗車率もそこそこあること考えると、一昔前の客車がこんなに長編成であったことも、頷けますネ (*^_^*)
by 東濃鉄道 (2017-09-18 10:52) 

トータン

青い森のヨッチン さん コメントありがとうございます。
最近は動力車ですら室内の簡易再現をしていますので単4電池ですら収納は出来ないかも? やはり模型の運転はDCCなのでしょうね 因みに私は知識がありませんのでアナログ専科ってところでしょうかね DCCについては財源からして無理なんです トホホ
by トータン (2017-09-18 12:15) 

トータン

東濃鉄道 さん コメントありがとうございます。
設計は20系14両+EF58になっていますので20両はおろか サンライズの14両編成もホームには止まれないです(^^;
昔の編成は長かったですよね~ その迫力も好きでしたが最近はせいぜい長くて6輌って言うのが定番のよう 先日の旅行も特急いなほは6両編成でしたし普通車もあまり混んでなかったしグリーン車なんてガラガラで貸し切り状態でしたから・・・・・・模型を見ていると6輌編成は短いな~って思っちゃいますが 実車はそれでも長く感じますよ(^^
by トータン (2017-09-18 12:22) 

kinkin

20両編成を通す、拘りですね。コキ20両がんばって下さいネ。

by kinkin (2017-09-18 15:29) 

Gut

登りループで長編成が脱線してしまうのは困りものです。
わが家ではまだチャレンジできていませんが、いまからビビってます。
by Gut (2017-09-18 18:27) 

トータン

kinkin さん nice!、コメントありがとうございます。
コキ20輌、目標ですね~ 今JRではなくてJNRのコンテナ集めたいと思っています(^^
by トータン (2017-09-19 06:22) 

トータン

Gut さん nice!、コメントありがとうございます。
曲線を含む登り勾配で20両も押してやるとやはり脱線はおろか転覆してしまいます こんな場合は推進ではなく牽引でなくては 特に手での推進、牽引はどうしてもスムーズに動かせないための原因でしょう 現在この線は通電が無い状態 そうフィーダーがぶら下がっている状態ですので手動以外は方法がありませんでした~(^^;
by トータン (2017-09-19 06:28) 

ノブえもん

トータン様
こんばんはo(^▽^)o
昔の碓氷峠の様子をYouTubeで見てましたので、EF63重連の後押しと、その後の切り離しからそれぞれが走り出す姿が堪らないです♪
by ノブえもん (2017-09-20 21:22) 

トータン

ノブえもん さん コメントありがとうございます。
碓氷峠はもう何度も乗っていたのですが 私は車内ですので表の情景など判らなかったです(^^; なのでYouTubeでのそれらの動画をみて感激しちゃいました 今もあったら観察に行きたかったです
by トータン (2017-09-21 06:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。