So-net無料ブログ作成

丘を作る [レイアウト製作記]

⇒今日のトップに戻る

z83002.jpg
バラストを固定しています









z83003.jpg
ポータルに塗料が回らない様にマスキング これから線路塗装となります









z83004.jpg
マスキングが面倒な部分は ボール紙の板を立ててマスキングします









z83005.jpg
線路塗装中

印象としては どうしても塗装した線路の集電は劣化するような気がしますので

トンネル内は無塗装として ポータルの少し中までの塗装にします









z83006.jpg
この辺りの線路塗装は終わりました 下地のオレンジの露出も殆どなくなりましたね~

少し見えているオレンジは今日中に見えなくなる予定です









z83007.jpg
高架部分の側壁を貼り付けています









z83008.jpg
それと こんなものを作りました









z83009.jpg
トンネル奥の壁がないため アーチ窓から丸見えだったトンネルも・・・・・・









z83010.jpg
それを使ってこんな感じになりました これで漸くトンネルらしくなったでしょう?









z83011.jpg
さて、本題の丘なのですが それを作るとこの辺りのオレンジの地肌は全て見えなく

なるんですよ~  で、その丘を支えるための脚を路盤下に数箇所貼り付け固定









z83012.jpg
路盤の下面の高さに切って木材を立てています









z83013.jpg
先の路盤下の脚の上に紙片を乗せて 紙片を小さく切って路盤の形に添うよう貼り

つけています 路盤下の脚には接着しません









z83014.jpg
路盤の形状に貼り付け終わったら 今度は壁面の形状に合わせてまた紙片を

貼り付けて行きます









z83015.jpg
出来上がった型紙は底面のサイズ この部分の壁は奥行きが斜面になっています

ので その角度を想定して約2cmくらい引っ込めた部分に合わせます

出来上がった定規では 左端の部分が少し足りないようです









z83016.jpg
切断をするために当たりの線を書いて行きます









z83017.jpg
切断しました









z83018.jpg
計算どおりスッポリと隙間に入りました









z83019.jpg
後は足りない部分を木工ボンドで接着

乾燥後に削りだそうと思います









z83020.jpg
黄色枠部分も同じような工事をしなくては・・・・・・ ここは手が入らないので往生

しそうな予感

そして、この部分は下に線路がないため完全固定とします









z83021.jpg
丘を支える脚を固定中 そんなところで時間切れに・・・・・・・・・・・ちゅうか蒸し暑くて

汗ダラダラ 体力を消耗させないよう早めに切り上げました~

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ
nice!(23)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 23

コメント 8

Gut

今日は蒸し暑かったですねぇ。
早めの撤退はさすがです。
私は時間が許す限りとことんやってしまいます。
今日もヘトヘト(汗)
by Gut (2016-07-17 21:11) 

 麗しの蒸気機関車

冷や水鉄道管理人様

丘を作る・・なるほど、トンネル、隧道は丘を切り開いた鉄道線路と言うことですか。
となると、その上に見える線路のシイナリーも悩みそうですね。

この工作の前に、機関庫線路際に設置されていました枕木の柵、とても良い雰囲気で大好きでした!
でも、全体の線路配置からすると、柵の横を線路が走っている情景は、不自然なんでしょうね。

暑さの折、ご自愛ください。
by 麗しの蒸気機関車 (2016-07-18 00:02) 

トータン

Gut さん nice!、コメントありがとうございます。
蒸し暑い上に無風と来たら最悪の環境ですよね~ 通常は換気してやると言った時の気温から2度ほど下がるのですが 昨日は全く行った時と同じ気温でした 気温は29℃だったのですが なまじ30℃超えていても平気な時は平気なのですが 昨日は辛かったです。
早めに切り上げてシャワー浴びて涼をとりましたよ(^^
by トータン (2016-07-18 07:06) 

トータン

麗しの蒸気機関車 さん コメントありがとうございます。
あの鉄路柵の向こうが街だったら良かったんです、機関庫もあんな扇形機関庫の予定もなかったし なにより初期の設計でヤードを作らなかったこと ヤードは要らないと思って製作してほぼ敷設が完了ってなところで暫くは運転を楽しみながらの製作をしていたのですが そのころから車両の交換が大変であることが判り ヤードの必要性に気づいたと言うお粗末な話なんです それでこれから製作する丘の上には 後から無理に作ったヤードへの導線でして ここは架空路線として壁と同じ色を塗って気休めしているんです ですので丘の上の線路は無いってことなのですが これが結構目立ってしまいますね 結果的にはこの線路の敷設以後、いままで応援して頂けた方々がだいぶ遠ざかっていったって言う結末なんです(vv; トホホ
by トータン (2016-07-18 07:21) 

東濃鉄道

我が家の屋根裏部屋、そんなもんじゃありません(自慢することでは、ありませんネ(>_<) ) 本当に模型が溶けるんじゃないかと心配です。(動力車のゴムバンドが溶けてレールに張り付いていたことはあるんです(オイオイ。))
でも、そんな暑い部屋から、通常に暑い部屋に戻った瞬間の涼しさは、気持ちが良いですよね。
‘シャワー浴びて涼を・・・’ そのまま、涼しい部屋での仮眠、最高ですね。
by 東濃鉄道 (2016-07-18 08:30) 

トータン

東濃鉄道 さん コメントありがとうございます。
でも、部屋の屋根裏部屋ですよね~ 冷気は下に行くのでいっそのこと屋根裏部屋にエアコンを!のシュプレヒコールを以って奥様に訴えた方が良いですよ~なにしろ日本でも屈指の暑さの多治見が近いんですから・・・・・・
我家は階段室ですのでクーラーなどは全く効かないでしょうからね~(^^;
トラクションタイヤが溶けるってやはり半端では無いですね~当方では溶けなくとも緩くなってしまいます(^^;
by トータン (2016-07-18 09:10) 

ノブえもん

トータン様
おはようございますo(^▽^)o
冷や水鉄道私の地盤設備がどんどん様変わりし進んで行きますね♪

私も、以前から懸案だった実在の駅舎や小さな機関庫・整備工場の工作スタートしますが、バラストや塗装が必要になったので、遡って勉強させて頂きますm(_ _)m

by ノブえもん (2016-07-18 09:56) 

トータン

ノブえもん さん コメントありがとうございます。
そうですね~だいぶオレンジ色部分がなくなってきました が、まだまだそちこちにオレンジが露出していますので結構時間が掛かりますね それに既に夏状態の暑さで そろそろ退散って感じに・・・・・
私のページを遡るより http://kunnpuu238.blog.fc2.com/blog-entry-100.html#more こちらのページを遡ると素晴らしいものが出来ますよ~(^^ 私もこのくらい上手くやりたかったけれどどうにもそんな技術は無いようですので・・・・・・(^^;
by トータン (2016-07-18 19:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0