So-net無料ブログ作成

それでも諦めず・・・ [レイアウト製作記]

xxxx06051.jpg
出来上がりは これ バスクリンの湯です 

良い湯だな~(^^;  ははは~ん!









xxxx06052.jpg
以前(右)の水とはかけ離れた水になってしまいました(^^;

しかし 思い出してみると 右の部分も出来上がったときとは随分と色合いが変わりました

そう 太陽光で少し焼けたようです 少し茶色い部分が発生していますよね

ひょっとしたら左のバスクリンも 上手くすると変色してくれるのでは?って言うことで 変色待ち

して 諦めずに 作業を進めてみます(^^;









xxxx06053.jpg
透明エポキシを使って小波を表現しています









xxxx06054.jpg
・・・・・・・・








xxxx06055.jpg
段差は5mmくらいで 堰の表現が無理なようです

面白いもので 以前の水面(右)との平行が出ていなくて 今度の水面は 向うの方から少しずつ

段差がなくなって 手前の小石の部分では 殆ど平らになってしまいました

まっ、これはこれでいいかも知れませんけれど・・・・・・(^^;









xxxx06056.jpg
岩の表現も今一、 それを隠すために緑を追加









xxxx06057.jpg
これなら少ししか見えなくなって良好かと思います









xxxx06058.jpg
さて、堰の表現なんですが 5mmほどの段差では滝の表現も出来ませんので ここは白の

ラッカーで波を描いてしまいます(^^;









xxxx06059.jpg
旧水面の部分にも白波みの表現です









xxxx06060.jpg
唯塗るのではなく 白く波打ったと言うか 泡だった表現で塗っていきました









xxxx06061.jpg
これが 堰の表現です なんとなく 小滝に見えると思うのは私だけかも知れません(^^;









xxxx06062.jpg
上から見た図です










xxxx06063.jpg
堰に見えるかどうかは 別として 雰囲気は出たかと思います

それでは 一応失敗作として終わったものですが 実際にレジンで川を作った過程の動画を

撮りましたので 宜しかったらご覧下さい(^^

皆様も 製作の際には 色付けの調合には充分なご注意を・・・・

それと防水は徹底的に行なって下さいね (^^;

あっ! そうそう、一寸時間が取れないので 紹介出来ませんでしたが・・・・・・・









xxxx06077.jpg
これ入線しました~

EF56一次型は予約してありましたが 郵便・荷物列車セットは衝動買いしました 後日試運転

動画を撮ろうと思いますが 今回は 時間の制約が有るため断念しました~









xxxx06078.jpg
はい、これが衝動買いの品物です

冷や水鉄道 711輌目の車輛です(^^

今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
nice!(19)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 19

コメント 19

楽しく生きよう

さすがトータンさん、佳い具合になってますね。
機転効きすぎですよ。
by 楽しく生きよう (2013-06-30 08:19) 

洗濯部長

川の段差、上手に処理されましたね。
構想の段階でちょっと心配していましたが
トータンマジック、流石です。(^-^)
by 洗濯部長 (2013-06-30 09:38) 

東濃鉄道

川の色、奥と手前で変化があって成功ですね。流れを感じる素晴らしい出来です。ガーターの色がますます気になります。


by 東濃鉄道 (2013-06-30 09:50) 

トータン

楽しく生きよう さん nice!、コメントありがとう御座います。
本当は一寸滝のような表現をする予定でしたが 高低差があまり得られませんでしたので つい横着してしまいました~(^^;
by トータン (2013-06-30 09:59) 

トータン

洗濯部長 さん コメントありがとう御座います。
計算からするともう少し段差が稼げるかと思ったのですが 水漏れなど発生して5mm足らずの段差になってしまい 滝の表現が無理であることが決定しました そのため白を塗るだけの作業にしてしまいましたが 目の悪い私には それなりに見えるのが嬉しかったです(^^
後は川の色ですね~ 未だ諦めてはいないんです 一寸アイデアがありますので 最終的にはやってみようかと思います 勿論上手く行くはずもなく期待はしていないんですけれどね(^^;
by トータン (2013-06-30 10:04) 

トータン

東濃鉄道 さん コメントありがとう御座います。
いや、成功ではありません正直・・・・・・・少しアイデアがあるのですが 叶うかどうか判りませんので最後の手段としようと思っています 近々やって見ます 
ガーダーの色は決まりました 今日にでも塗料を買ってこようかと思っています(^^
by トータン (2013-06-30 10:07) 

凡人オヤマダ

堰を作るのはいいですね。
これで分割ラインがカモフラージュできてしまうわけですから。

川の水の色についてですが、ひとつ思い浮かんだ案としてクリアの塗料に黒と黄色を少し混ぜたものを上から塗っていくのはどうかというものがあります。

これもまたハイリスクな方法ですので、目立たないところで十分リハーサルをしてからでないと大変なことになりますが・・・・・・。

それにしても透明エポキシは気がつかないうちに黄変が進みますね。
言われてみればトータン様が先に作られた川の水の色も、旧ブログを拝見しますと注入直後は今回作られた川の水と同じような色だったような?
by 凡人オヤマダ (2013-06-30 10:32) 

よしあき・ギャラリー

お見事!
by よしあき・ギャラリー (2013-06-30 13:58) 

よしくん

こんばんは、お見事です(^^)深い所と考えれば連動性があって
素晴らしいですよ~
入線もおめでとうございます。私もEF56は導入と予約してますので
近日中に引取りです。コキ200と(笑)

by よしくん (2013-06-30 19:33) 

トータン

オヤマダ さん コメントありがとう御座います。
川を追加の製作は出来ませんでしたので このように堰を作ってやれば新たに川を作ることが出来るかな?ってな構想で始めたのですが・・・・・
考えは良かったのですがね~(^^;
川面の塗装は考えているんです 既にある川の色を加味すると 黒とクリヤーオレンジで済みそうな気がします 一寸アイデアってそのことだったんです オヤマダさんに見透かされてしまいましたね~(^^;
リスクは覚悟の上です 作り直しすることから考えたら経済的ですし 若し失敗したら本当にやり直せばいいし・・・・・・
そうでしょう?色が経年で随分と変わったですよね~ ここもいずれは相当変わるんでしょうね~
by トータン (2013-06-30 19:59) 

トータン

よしあき・ギャラリー さん nice!、コメントありがとう御座います。
はい、ありがとう御座います。 このところ飲んで睡魔の連続で伺えなかった日々が続いていました~ 歳ですね~(vv;
by トータン (2013-06-30 20:01) 

トータン

よしくん さん nice!、コメントありがとう御座います。
レイアウトの製作で 車輛を弄っている暇がありません(^^; なので試運転は暫く後に成ってしまうと思います お店では結構静かに走っていましたよ 早く取りに行った方がいいですよ コキ? いや~聞かなかったことに・・・・・・(^^;
by トータン (2013-06-30 20:04) 

ノブえもん

トータン様
毎回、大変勉強になります♪
前回、コメントを書かせて頂いきましたガーターの切り出しと手すりの記事をヒントに、小さなクリアケースの中にジオラマを切り取った様なガーター橋を作ったのですが、橋脚が玩具の様になってしまったり塗装もイマイチ、そして何より水面表現に困りまして木工ボンドを毎日塗り重ねて現在4層目になりました(笑)

皆様の記事で勉強させていただきます(^^)
by ノブえもん (2013-07-01 00:34) 

oink!

すごいリアルですね。すばらしい!
by oink! (2013-07-01 06:04) 

トータン

ノブえもん さん コメントありがとう御座います。
色々と工法があるんですね~ それぞれに完成時の違いはあるので 木工ボンドの水面表現って見せていただきたい感じです
クリアーケースジオラマですか~ 面白そうですね(^^
by トータン (2013-07-01 07:27) 

トータン

oink! さん nice!、コメントありがとう御座います。
ははは・・・・・色を失敗しちゃいました~ リアルなバスクリン表現に これは何とかしないとって 少しの抵抗をして行こうと考えています(^^;
by トータン (2013-07-01 07:30) 

ノブえもん

トータン様
皆さん
こんにちは♪

トータン様
いいえ、鉄道模型に関しては全くの一年生でして、水面の表現も「木工ボンドは乾くと透明に近くなる」と言うだけでしてしまいました
また、クリアケースのジオラマ(専門用語も知らずにすみません)はとてもお見せ出来る様なモノではなく、夏休み工作の域を脱しておりません(泣)

レンガや石積みの制作も勉強になりましたので、次回は眼鏡橋的なミニジオラマに挑戦してみます。
by ノブえもん (2013-07-01 15:07) 

トータン

ノブえもん さん コメントありがとう御座います。
私も鉄道、鉄道模型に関しては 殆ど知らないに近いです 特に最近のものは判りませんね~(^^;
あっ、クリアーケースジオラマって専門用語ではないかも?ゴメンナサイ!
ミニジオラマいいですね~しかもめがね橋? 萌え~ですね~(^^
by トータン (2013-07-01 22:07) 

JR浜松

トータンさん、出遅れコメントお許し下さい。

古い方?の川の色合いが本物みたいです☆
変色?した方が自然に近くなるのって参りますね(^^;
伊豆の川の色目の理想です!
by JR浜松 (2014-10-17 14:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0