So-net無料ブログ作成
検索選択
車両製作記 ブログトップ
前の10件 | -

ぶどう1号編成 [車両製作記]

⇒トップに戻る
z64019.jpg
KATO EF510 北斗星です









z64020.jpg
こちらもKATO EF510 カシオペア

いずれも廃止か廃止間近で残念です(vv;









本題です。
z64007.jpg
全車出来たは出来上がったのですが 前作同様問題ありなんです。

まずは・・・・・ この様に車輌によってカプラーが違い連結できません 

冷水鉄道では中間客車とか中間貨物車はアーノルドなんです で、今回どちらに

するか迷った結果がこれなんです

ここはそれらを含めてカトカプ化しないと 行く行くは問題あり?









z64008.jpg
先に完成?していた張り上げ屋根車は 製作の時に車体が1mmほど長くなってしまい

カプラーが短くて連結できない問題もあり 床板を切り継ぎをして延長しようと思ったの

ですが そうそう、シンキョーカプラーが長いってことに気づいて それを使ってみました









z64009.jpg
で、結果はこんな感じで良好です これで床板を切る手間がなくなりました~

またまた横着です~(^^;









z64010.jpg
そうして今回作の14輌全車が連結可能になりました~









z64012.jpg
それで、早速連結してみました~

簡単に連結できたものと やはり連結し難いものがあって これは幌を少し削って

対処した方が良いような域ですので 後々の課題としたいです。









z64013.jpg
デッキ開閉式のオハ35張り上げ屋根車









z64014.jpg
こちらは問題ですね~ 車体の高さが違う様で ラインが合っていません(^^;









z64016.jpg
これなんぞ 車体の傾きが違うって・・・・・・・

後で確認したら 問題は無かったようです 単にマニがカーブに差し掛かっていただけ

だったです(^^;









z64023.jpg
所詮見えないであろうと思っていたオハシ30ですが 結構内部が覗けます(^^

残りの車輌もどうやら内装をしないと駄目かも知れません・・・・・・









z64022.jpg
お~っと~

撮影中に気づいたのですが KATOのカニ38がもうすぐに入線予定なんですよ

これはそれが入線するまでの 仮の存在でして 既にありえない2号機なんです(^^;

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

無名の編成 [車両製作記]

⇒トップに戻る
z63703.jpg
KATO機です 茶色いコンテナーが似合います

残すところ 500番を超えたものがあと一つしかありません、 さて、次は・・・・・・・?









本題です
z63704.jpg
1等寝台の間仕切りが完了 ここは定員2名ですね~









z63705.jpg
2等寝台の寝台壁とでも言いましょうか・・・・・・・









z63706.jpg
貼り付けて行きます









z63801.jpg
壁、床を着色しています









z36901.jpg
座席、寝台部分を貼り付け・・・・・・・









z64001.jpg
それを着色いたしました。









z64002.jpg
反対側です。









z64003.jpg
薄っすらと内部が見えると うふふですね~(^^









z64004.jpg
室内照明を考えた設計でないのが少々残念、 でも、実車とて昼行灯でも内部は

そんなに見えるものではありませんからね~(^^;









z64005.jpg
反対側です。

なんと 1等2名 2等12名の定員という なんとも贅沢な車両です。









z64006.jpg
これにて今回製作のオハ35系他 全14輌の完工?

いや、まだあるんです。  中には車体が1mmほど長くなってしまっているものが

4輌ほど これの床板ボルスター間を少し延長してやらないと 幌がぶつかってしまい

連結できない車両がァ~(vv;  それにカプラーもカトカプのものとアーノルドのもの

との混在ですので 元より編成が組めません。  どちらかに統一しなくては・・・・・ 

しかし間も無くこの無名編成も試運転が間近と言うことで一件落着と言う事に・・・・。

そして、あくまでこれらは製品としてちゃんとしたものが発売されるまでの当座の凌ぎ

ってことで・・・・・・・・(^^;  例え出たとしても高額で手が出ないかも?

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

とんだ勘違い? [車両製作記]

⇒トップに戻る
z63502.jpg
通称桃太郎 良く見かけるシングルアームパンタです。









z63503.jpg
こちらはクロスパンタの桃太郎。

このタイプは見たことありません(^^;









z63504.jpg
んな訳で冷水には この2輌が在籍しています。









本題です。
z63505.jpg
手持ちの床板ではどうやらボルスターの間隔が合わないようで 床板の切り継ぎが

必要になります。  勿論床板は代用ですので 機器の配置とか細かなところまでは

再現が効きません。











z63506.jpg
台車を装着するに支障の有る部分のモールドを削り取っています。













z63507.jpg
床板も1mm程延長しました。












z63508.jpg
デッキ部分は他の何かに使ってしまい床板が短くなっている部分に付けたし・・・・・













z63601.jpg
室内は今回の製作プランには入っていなかったのですが 図面を眺めていて 「はっ!」

っと気づいたのですが・・・・・・・











z63602.jpg
車端部の構造が どうやらとんだ勘違い?

両側に車掌室と思って製作していたのですが 片側はどうやらトイレ、洗面になって

なっているようです。












z63603.jpg
だとすると この「車掌」の表記はおかしいし・・・・・・・・













z63604.jpg
ガラスも変更しなくては・・・・・・・・












z63605.jpg
窓ガラス端もトレペを貼り付け・・・・・・・・・・・












z63606.jpg
こんな感じになりましたが・・・・・・・・

これでも問題ありですよね~ 資料がありませんのでここからは想像の域になります












z63607.jpg
車掌の文字の削除と兼ねて青帯を追加することに・・・・・・













z63608.jpg
あくまで資料がありませんので この工程は想像の域なのですねスけれどね(^^;










z63612.jpg
そんな訳で 一応の完成となりました

公式側










z63613.jpg
非公式側












z63614.jpg
車体の勘違いを発見するに至った室内図面 このままでは勿体無いので・・・・・・












z63615.jpg
ついでだから 簡易にもでも作っちゃおうかと・・・・(^^;

まだまだ完成にならないですね~

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

あと一息が難関 [車両製作記]

⇒トップに戻る
z63401.jpg
この車両は既に全軸集電へと改造してあります 集電効率が上がっています









z63403.jpg
冷水鉄道では EH級は これを含めて5輌あります(^^









本題です。
z63404.jpg
窓が開いているバージョンは 矢印のぶぶんが引っかかって 窓ガラススペースに

挿入し難いんです、 でも窓が開いている表現を選んでしまった以上 やりにくくても

やらねばならないです、 はい、その分時間が掛かってしまいます。









z63405.jpg
いつも忘れがちな デッキ扉のガラスも忘れずに(^^;








z63406.jpg
旧客用の幌を取り付けますが 取り付けには余計なでっぱりがあります

その出っ張りをカットして使います。











z63407.jpg
そして オハ35 4形式完了しました









z63408.jpg
オハ35 絞り折り妻タイプ









z63409.jpg
オハ35 ノーシルノーヘッダータイプ









z63410.jpg
オハ35 ノーヘッダータイプ









z63411.jpg
オハ35 丸屋根ノーマルタイプ

これで 今回の工作はほぼ終了と成ります が・・・・・・・・・・・・・









z63412.jpg
最後に残った これが難関なんです(vv;

スイロネフ38は 3軸台車なので 通常の床板では成立しません さて、どうしよう?

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

4輌完了 [車両製作記]

⇒トップに戻る

z63307.jpg
実車は現役引退でしたね~









z63308.jpg
北斗星とカシオペアです いずれもKATO









z63310.jpg
関門トンネル ステンレスボディー

右TOMIX 左KATO  エアーホースなどを付けています









z63311.jpg
冷水鉄道では EF58に続いての大所帯です(^^









本題です。
z63312.jpg
二等車を優先して工作しましょう









z63313.jpg
ガラスです これは美軌模型店のポリカ0・1tです

なぜ二等車優先の製作なのか? それはね~オハ35は全車窓が開いた仕様

なんです、 それって窓ガラスの加工が面倒なのです なので窓ガラスの加工の

少ない二等車からの方が楽チンなんです(^^;









z63314.jpg
そんな訳で オロ40は デッキ部分のガラス以外は チョンの間に終わりました(^^









z63315.jpg
さて、 スリガラス表現に 先日も使ったトレペですが この様に所定位置に置いて

貼り付けるのですが 貼り付けるって言っても接着剤は切り口だけに・・・・・・・









z63316.jpg
それで すりガラスは こんな感じになります









z63317.jpg
こちらは 一寸変わった感じですが 大窓と小窓部分にスリガラスです









z63320.jpg
スロハ32が出来上がりました~









z63318.jpg
スロハ32









z63321.jpg
オハシ30









z63322.jpg
オロフ33









z63323.jpg
オロ40

以上の4輌が暫定完了となりました 残すは室内なのですが それはまた後の工事

と致しましょう~









z63324.jpg
そして 今度は その面倒なオハ35の窓の作業にと参りましょう

窓割りの図面を用意して これを元に開いた窓の表現を行いたいと思います









z63325.jpg
で、途中経過ですが・・・・・・・

開いた窓表現がこれです

やっぱり結構な時間が掛かりそうです(^^;

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

オハシ30 [車両製作記]

⇒トップに戻る
z63202.jpg
これは1度 動力台車の爪が折れてしまい Assyに交換した出費ありの機関車です








本題です。
z63204.jpg
食堂部分の製作に参ります









z63205.jpg
テーブルを装着









z63206.jpg
椅子を作ります









z63302.jpg
色は判らないので 白のままで・・・・・・またいつもの手抜きです(^^;









z63305.jpg
こんないい加減なものでも・・・・・・









z63303.jpg
こうしてしまえばもう判りません









z63304.jpg
しかし、HOならともかく Nでは中が殆ど見えませんので残念です それに室内照明

予定はないし、そんな設計になっていないのがもっと残念と言うべきですかね?

これを以って オハシ30の製作は完了と言う事になりました。

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

床板と座席 [車両製作記]

⇒トップに戻る

z63002.jpg
この車両は標準でジャンパーホースが同梱です これでエアーホースも同梱だったら

最高なんですけれどね~(^^;









z63003.jpg
この機種は2輌同時入線でした。









本題です。
z63004.jpg
昨日、暫定完成の オハシ30、 こうしてみてニンマリと・・・・・・・(^^;









z63005.jpg
それをもっと味わうべく 他の車両もやっつけちゃいましょう。

製品とは違い 紙車両はボディーの肉厚が約1mm強ありますので 製品の床板

そのままでは納まらないんです、なのでほんの僅かですが削って車体に納まるように

しなくてはなりません









z63006.jpg
このように納まるようにするのにおよそ20分ほど掛かります。 床下機器に傷を

つけないように・・・・・・









z63007.jpg
座席板も削らないと入りません ルーターで削ると結構大変・・・・・・









z63008.jpg
オハ35が出来上がりました まだ窓ガラスが入っていません。









z63009.jpg
座席を何とかした方が良いかな?って思いますが ここは急ぎましょう オハ35は

逃げませんから(^^;









z63101.jpg
ルーターでの削りでは直線で削れないので ここも横着をして ヤスリで直接・・・・・・

この方法だと早い早い(^^









z63102.jpg
窓ガラス未満ですが 一気にオハ35が4輌仕上がりました~









z63103.jpg
ここで暫定完成であったオハシ30ですが これは通常の床板が使えませんので

特別に室内部分も簡易に仕立てちゃおうかと・・・・・・・・








z63104.jpg
不要な座席を削り取ってしまいました これから壁、テーブルを・・・・・・・









z63105.jpg
こんな風に・・・・・・・









z63106.jpg
こんな風に(^^;

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

オハシ30暫定完成 [車両製作記]

⇒トップに戻る

z62902.jpg
正確には ED73-1000番台です。

追加でエアーホースを取り付けています 有ると無いとでは多少感じが違います(^^;









z62903.jpg
比較的に小さいボディーですが パワーはありますよ~(^^









本題です
z62904.jpg
ボディーがなんとかなりました、 今度は床板の加工が待っています。

そうなんです このままでは使えないんです 幅が少々広いわけなんです











z62905.jpg
それと床板を引っ掛ける爪を作っておきます 0・5tの紙を幅2・5mmに切り それを

瞬着で補強して 今度は約5mmほどの長さで切断しておきます









z62906.jpg
その紙片の貼り付け位置に印をつけて行きます









z62907.jpg
位置出しの位置がずれていたようで 新たな位置に こんな風に紙片を貼り付けて

これまた瞬着で補強しておきます。 乾燥後に下部を斜めにカットして 床板の爪が

入りやすくします









z62908.jpg
床板の幅ら広いため ザット両サイドをカットして幅を詰めています。

座席板は オハ35以外は使えません










z62909.jpg
まだガラスも付けていないですが オハ35に床板を嵌めて位置確認をしています。









z62910.jpg
昨日窓ガラスを装着したオハシ30ですが 美軌模型店のポリカは 瞬着のガスにも

曇りなどの変化なく 無事に固定用爪の装備が出来て 暫定完成となりました。

オハシ30は 向こうの車両で 右はKATOの既製品オハフ33です、やはりこうして

みると 自身の作品が幼稚に見えます(^^;

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

継ぎ接ぎ [車両製作記]

⇒トップに戻る



お口直しに・・・・・・・・(^^;
z62802.jpg
最近入線した KATO EF71で溜飲を下げて頂ければ・・・・・・・(^^;

そして71まで来ましたが72も冷水欠番なんです なので次回は??








本題です。
z62804.jpg
9輌全車にガラベンを取り付け終わりました~









z62805.jpg
インレタ中です 問題はインレタが足りるか足りないか? なんですよ~(^^;









z62806.jpg
車掌の文字も右から左読みです まっ、古い客車ですのであったかも? ここは

見なかったことにお願い致します そっか~一文字ずつやって文字を反対にやった

方が良かったかな?










z62807.jpg
とうとう等級表示のマークが足りなくなってしまい 三等車用のものを2本だけ使って

表記してみます。









z62808.jpg
スイロネフ38には黒い「寝台」文字が必要ですが 所有していません(vv;

そこで思い出したのが 以前マイネ40、41の時に作った寝台文字、これを使うことに









z62809.jpg
一寸いい加減ですが 黒寝台です(^^;









z62810.jpg
こうして見ると 最近インレタが少し上手くなったかも?(^^;









z62811.jpg
インレタには オイロネフはあっても スイロネフはありませんでした~

そこで イロネフを転写の後 頭に「ス」を転写で事なきを得ました 当に継ぎ接ぎ・・・・・









z62813.jpg
インレタ転写が終わりましたので 車内のマスキングテープと窓ガラスを外しました









z62815.jpg
インレタ終了後 クリアーで保護し終えました

スイロネフ38と お隣オロ40です









z62816.jpg
オロフ33とスロハ32









z62817.jpg
オハシ30と 向こうオハ35









z62818.jpg
オハ35ですね~









z62819.jpg
オハ35









z62820.jpg
ノーシルノーヘッダーの オハ35、 作る前はなんだかな~ってな感じでしたが 意外と

普通なんですね~ まるでナハ10の様です







z62821.jpg
さて、いよいよ窓ガラスを付けたらボディーの完成なのですが・・・・

っということで 美軌模型店のポリカを使います









z62822.jpg
ところで・・・・トイレなどのスリガラスは 紙やすりで表現していたのですが これが

中々大変なんです そこで、またここで横着を・・・・・









z62823.jpg
ガラスの裏にトレペを貼って 誤魔化すことに テヘッ(^^;









z62824.jpg
ってな訳で オハシ30のガラスが完成しました。

お~っと~ そう言えば 窓ガラスはまだ早かったです これよりも前にやらなくては

ならないことを忘れていました~

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

白・青・赤・茶 [車両製作記]

⇒トップに戻る
z62705.jpg
この形はこの2輌しか所有していません









z62706.jpg
右がKATO 左がTOMIXです。

当時の国鉄が こんな画期的なデザインの車両を作ったって・・・・・・・・・・凄い!








z62708.jpg
変わって EF66-100番台です

右がTOMIX 左がKATOです









z62709.jpg
右のTOMIX製には 苦労させられました~

初期の製品なのか?今のものは判りません これには当然でしょうがKATOの

ナックルカプラーが付きません、その改造は大往生、ついでに窓下手すりと誘導員

手すり、開放テコ、スノーブローまでも作り 最終的には埋まっていた運転室も

作る嵌めになったんです ふ~~~!









本題です。
z62701.jpg
塗装の準備が出来たつもりでいましたが 車内のマスキングを忘れていて 急遽の

作業です、 これをしないと塗装中の塗料の回り込みが起きて内部が汚れて

しまいますので・・・・・・・









z62702.jpg
そうして とうとう塗装を開始しました。

で、タイトルの白がこれですね~、本当は白に近いクリームなのですけれどね。

これにマスキングをして塗りわけを行います。









z62703.jpg
続いては 青 

そう、帯の色なんです この後さらにそれぞれのマスキングを行います。









z62704.jpg
一番下のスイロネフは既にマスキングをしてあって 青を塗った後に更にマスキング









z62710.jpg
思い悩んだんですけれど このスロハは赤帯ありと無しがあるんです。

ここは模型と言うことで 派手に赤帯があるほうが面白そうと考えるようになり 赤を

思い切って塗ってしまいました~









z62711.jpg
さて、ボディー塗装が終わって 緊張の瞬間! マスキングを剥がします。

いや~マスキングが成功で このように剥がせると気持ち良いもんです、あたかも

海で日に焼けた肌の剥げかけた皮膚を剥がすような快感(^^;









z62712.jpg
帯の入った4輌 皆、マスキングは成功のようです、今までと何も変わらないところは

相変わらずゴミの巻き込み塗装であることですかね?









z62713.jpg
残りの車両は 帯の無い地味なぶどう1号です









z62714.jpg
地味は地味でも 屋根を塗ってやると少しは派手に????









z62715.jpg
それで、屋根の塗装も終わりました~









z62716.jpg
こちらは派手チックですが 面白いです(^^;









z62717.jpg
今回の異端児的存在の オハシ30

オハ35からの改造車・・・・・その当時は食堂車が大人気だったらしく 不足がちの

食堂車を オハ35の改造で賄われた車両ですね~

煙突代わりのベンチレーターを付けてみました、 正直この部分の確認は取れて

居ませんです(^^;









z62718.jpg
何だか一寸変ですよね~ 確固たる情報に出会うまでは こんな状態でしょうかね?








z62719.jpg
異端児の異端児たる所以はこのデッキ部分ですかね? 塞がれているんですよ。









z62720.jpg
塞がれたデッキ扉の内部は こんな感じだったのでは? 物置になっているんでしょう

かね? 判りません(^^;









z62721.jpg
その反対側のデッキはこんな感じの普通の物かと・・・・・・・・・・・・

え~っと 食堂車に乗降口があるなんて 今まで知りませんでした~

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
前の10件 | - 車両製作記 ブログトップ