So-net無料ブログ作成
検索選択
車輛整備 ブログトップ
前の10件 | -

電飾下準備 [車輛整備]


⇒今日のトップに戻る

zzz01265.jpg
φ3mmの砲弾型LEDです 白色ですので着色して電球色にします









zzz01266.jpg
φ3mmのアクリル丸棒です 道光レンズとして使います









zzz01267.jpg
今ではこれの半分くらいの大きさのブリッジダイオードもあるのですが これはまだ

秋月電子さんがこれより小さなものを扱っていなかった時に購入したもので

少々大き目です









zzz01268.jpg
これは夕庵式の配線をするためのセラミックコンデンサー10μFです

常点灯の何かの役目を果たすようです









zzz01269.jpg
CRDを使うところ CRDは結構高いのでここでは比較的安い定電流IC15mAです

小さいし足も小さいので取り扱いは こんな爺ではつらいです(^^;









zzz01270.jpg
下準備の配線を行います

先ずはセラミックコンデンサーをブリッジダイオードの両極に半田付け









zzz01271.jpg
定電流ICは こんなに小さいです 私の目にはAKKの文字は見えません(^^;









zzz01272.jpg
そしてそのICはこんな感じで半田付けして これで1セット完了 因みに定電流ICは

極性がありますので半田付けには要注意! 前の画像のAKKの前に印された線が

目安です ってこの画像ではAKKのKの方がプラス側に付きます で、手前が

その印の線側
です このセットを残り10個作らないと先に進めません

まだまだ下準備は続きます

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

奮起せねば [車輛整備]


⇒今日のトップに戻る
zzz01252.jpg
φ3mmのアクリル丸棒と砲弾型LEDを使用









zzz01253.jpg
この1両だけ電飾して 残りは中断中でした









zzz01249.jpg
余談ですが 昨年末にショートが始まったD線なのですが D線は過去にもこのような

現象が起きて どのような対処をしたのかも覚えていない体たらく









zzz01250.jpg
当然何もしていないのでこの様にサーキットが掛かって点滅するのはなぜ? 恐らく

天空線含むATS回路の未接続簡易配線が仇なのかも知れないと昨年末足元も

荷物で一杯のレイアウトの掃除を始めたのですが・・・・・・・まだ終わっていません

本当にやる気が起きないで困ったものです(^^;









zzz01255.jpg
幸い その掃除中に探していた定電流ICを発見することが出来ました このIC

このところの電飾配線で上手く行ったことがなかったのですが 再挑戦してみようかと

思うんです 結構大量にあるので使わなかったら勿体ないですからね~









zzz01257.jpg
nari-masaさんの電飾記事でブリッジダイオードを床下にって 結果この様に

通路部分にブリッジダイオードって連結面から見えてしまうのもなんだかな~って

普段は連結面が見えないので問題はないと言えばないのですが・・・・・・

今回はこの通路も開けた方法を行ってみようと思うんです もちろん床下に

ダイオードなる大工事は私には無理な話 数両ならば考えようもありますが 残り

11両をこなす自信がありません









zzz01258.jpg
まだ考えだけなのですが 取り敢えずφ3mmのアクリル丸棒を切り出しました

これで11両分です 真ん中に1本だけ短いものが先頭車用です









zzz01259.jpg
ブリッジダイオードも以前の大きなものが余って居ますので使うことにします

実はこの大きさ床下に収納することのできない車両がM車の他にもあるため

床下収納は避けなければ成らない訳なんです









zzz01260.jpg
工作法はそれでも楽ではないですが 大きな車両ですので車内に天井裏の大きな

スペースを利用しようと思うんですよ









zzz01261.jpg
道光レンズは天井の下に来ますので 余裕のブリッジダイオードの収納が叶います

さて、この方法だと工事も結構大変かも? 先行きは如何に?・・・・・・・








zzz01262.jpg
先日切り出した煉瓦材なのですが これ成形品ではなく この様に樹脂に煉瓦模様を

貼り付けてあったんですね~ 丸めたりしているうちにこの様に剥がれてしまい

ました~ 怖いです~ 製作中に剥がれないで欲しいですね~
[がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]








zzz01263.jpg
煉瓦材のサイズが問題で 過去のこの図面とは同じものが出来ないようです

またまた新たに図面を作らないとなりません この作業は電脳を利用して行おうと

思っています。

どうでしょう? 少しは重い腰が持ち上がったでしょうか?

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

駄目? [車輛整備]

⇒トップに戻る
z49102.jpg
牽引機は まるでイベント列車の感じで北斗星です 入線以来テスト走行していません

ので それを兼ねてのことになります









z49103.jpg
加重したにもかかわらず この様に同じような場所で 脱線置き去りに・・・・・・

これは床板の交換が必須ってことになりそうです









z49104.jpg
余っているオハフの床板が有るんで それを使えないか?って引っ張り出して来ました

しかしこれの改造も難しそう 集電の方法が違うようで一からの製作になりそう









z49105.jpg
そんな大変なことは避けて 問題は集電板の硬さが原因で台車が思うように動けない

のではないか?って踏んで ライトケース用の集電板を少し下げて高さを稼いだら

どうか?って









z49106.jpg
それで約1mmほど集電板を天井側へ移動しました これで高さに1mmの余裕が

出来たわけですね~ この集電板に床板の集電板が接触してくれればOKなんですが

・・・・・・・・・









z49107.jpg
そうしたらどうでしょう? 一切の脱線もなくなりました 集電も順調ですし これで・・・・・









z49108.jpg
ジョイント音を響かせ快走!









z49109.jpg
ここも嘗ての脱線箇所、直線では脱線しないのですがカーブの一部で脱線して

いましたからね~(^^;









z49110.jpg
北斗星も 最初は少しガクガクな運転でしたが だんだん快調に・・・・・・なにしろ

新古品です 10年以上ショーケースの中でしたからね~(^^;









z49111.jpg
何度周回しても脱線はなくなりました やはり集電板の硬さが問題だったんですね~









z49112.jpg
やはり運転していると乗客の効果は絶大です









z49113.jpg
とてつもなくダサい作品も 乗客が居ることですこしグレードアップされたような気が

します

写真で紹介していても もどかしいので YouTube しちゃいました 明日もYouTube

しちゃいますけれど・・・・・・・・ こんな動画ばかりでYouTubeさんは迷惑でしょうね~










それでは明日のYouTubeまで さようなら

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

諸先輩方は偉い! [車輛整備]

⇒トップに戻る
z48809.jpg
なんだか煙草のにおいが染み付いちゃいそう・・・・・・・・









z48502.jpg
さて、駄目もとで昔のマレー蒸機に付いていたモーター、回りませんので分解して

みます メイドインジャーマニーなんです









z48802.jpg
今まで見たこと無い内部構造でした この勾玉型のものがブラシになっているようです

なんとも大胆な作り方です









z48801.jpg
勾玉型のブラシにはスプリングが付いていて 柔らかく押している構造なのですが

普通に組むとスプリングのテンションがなく ブラシはフリーって感じ そこでスプリング

の片方をどこかに固定しないとブラシがアーマチュアに触れないようです そこで・・・・









z48803.jpg
そこで、スプリングの片方をモーター内の壁にはめ込んでみました

結果少々スプリングが硬いようで回転はするものの 時々ノイズが発生!









z48804.jpg
何度かやり変えているうちに この様に見事に勾玉ブラシは折れてしまいました

駄目元ですからね~ これで断念となりました~









z48701.jpg
そこで、また座席の貼り付けに戻ります 

結構な時間を費やして まだ、こんな状態です この作業を行っている諸先輩方は

偉いって つくづく感じ入りました~ 根気との勝負なんですね~ この作業を

もう一輌、いやひょっとしたら数両行わないとならないとなると もう気が遠くなりそう

いや~ 諸先輩方は 本当に偉い!

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

先ずは業務連絡 [車輛整備]

⇒トップに戻る

z48502.jpg
しかも 端子が紛失しています 通電しましたが うんともすんとも そんな訳で要らない

期待をさせてしまいまして にむら さん ゴメンナサイ このくらいの大きさの他の

モーターならあるのですが代用できませんか?









本題です
z48503.jpg
麗しの蒸気機関車さんからの情報で スロネ30は10輌しか製造されなかった

18号はおかしいとのことでした 私が入手した模型の資料も確かこんな感じ?いや

もっと多い4桁くらいの表記があったんです それで安易に18としたのですが・・・・・









z48504.jpg
先の写真でも 私には10にも見えるのですが 判ってからだと気分も悪いので 例え

架空車両とてナンバーを変えて正規のものにと10号車と変更しました これで気分

すっきりと言いたいのですが・・・・・・・センターからずれています トホッ









z48505.jpg
これを元にCを使ってSのシートにPして 人生初のSのDUに挑戦してみようかと・・・・・

の昨日のこの言葉ですが 正確にはCを使ってDしてCしてPして・・・・・・って言った方が

正解でしょう? でも、なんのこっちゃですよね~

実は、頭文字順に コンピューターを使ってドラフトして それをコピーしてペーストして

ってことで 元の図面を一つ作ります









z48506.jpg
そしてご覧の様に一つコピーしたものをペーストして増殖させて行きます 一通り

出来たら 今度は反対の図面も作ります

そして出来上がったら それをSにPしてSのDUの作業へと進むんですよ~

今度は頭文字がなんとなく判る様な気がしませんか? それでは続きを行います

ので 今日はここまでと言うことで・・・・・・・

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

只今調整中 [車輛整備]

⇒トップに戻る
z48402.jpg
スハ43は 手前の2輌の車両の調整の後に登場です









z48403.jpg
スロ34の脱線の原因は連結間隔の狭さかも?って

KATOのJPはシャンクが気持ち長いような感じがしましたので 使っていたかもめ

ナックルと交換してみようと思います









z48404.jpg
結果は案の定って感じで 高さが少し低いですが車間が開いた感じがします これで

また試運転してみて様子見です









z48405.jpg
さて、もう1輌のスハフ42には加重することで解決するのでは?ってことで これ!

初音ミクロウェートを使ってみます(^^;









z48406.jpg
足回りは16gですね









z48407.jpg
初音ミクロウェートを床下機器の凹みに流し込み接着剤を流して固定しました









z48408.jpg
4gの加重が出来ました もうスペースはありませんので これで駄目なら床下に

機器に似せた鉛板を貼り付けましょうかね~(^^;

それで2輌の調整は一応終わりました 後は・・・・・・・・・









z48409.jpg
スハとスハフの椅子のサイズを計測してみました これを元にCを使ってSのシートに

Pして 人生初のSのDUに挑戦してみようかと・・・・・なんのこっちゃい!(^^;

今日も戯れ事に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

新たなカメラ [車輛整備]

zz0003.jpg
でもって、これが今までのカメラです 最近ピントが合わない感じが多かったもので

いやいや それはカメラのせいではないのですが 少し気分転換にと・・・・・・

それに 何かあったときのための予備機としてもいいかな?って思ったもので(^^;








zzz9104.jpg
これは 今までのカメラです









zzz9105.jpg
3・3メガピクセルです











zz0002.jpg
それでこれが 新たなカメラの画像です 静止画10.0メガピクセルだそうです










zz0006.jpg
同じ様にピントが合っていませんが それはそれでも少しはっきりして写っているかも?

だって脱線しているの判りますから(^^;









zz0007.jpg
少し青味がかった感じも否めないようです









zz0009.jpg
心なしか 今までのカメラよりメリハリが付いたような 同じ様な? 判りません(^^;









zz0010.jpg
少しピントの合った62です スカートのホースがゴチャゴチャでしょう?









zz0012.jpg
こちらも スカートのドレスアップ終了したのですが・・・・・・・・・・・









zz0013.jpg
まだ、車上子の取り付けが終わっていませんので これをそのまま走らせるとATS

の効果がありませんので・・・・・・・・









zz0014.jpg
ネオジムマグネットΦ2mmをゴム系ボンドで接着しました これで車上子は完了です

簡単でしょう?









zz0016.jpg
今度は 後でご覧頂く動画で ノイズを発する62 脱線する62を紹介するのですが

そのノイズが何とかならないか? 整備してみたいと思います 出来るかどうかは

問題外で やってみてダメなら諦めます









zz0018.jpg
モーターに給油したけれど 全く改善しませんでしたので 全部ばらしてみることに

します









zz0019.jpg
どうやら ギヤーが馴染んでいないような感じの動きでして 指で押してやるとギーギー

と音を発するんです ここで全部最後までばらして ついでに集電部分のクリーニング

も行ってみました

動画では少し改善されたような様子があります









zz0020.jpg
そこで、今度は62の脱線です 

向う側の線路のこの辺りで 必ず62は脱線してしまいます









zz0021.jpg
そこで その場所を特定して ガードレールを設置してみました これで私の出来うる

メンテは終りです これでダメなら 敷設しなおしが待っています トホホ・・・・・

でも まだ諦めないで動画です(^^;





動画も新旧カメラの使い分けがありましたが まだ何処が良くて何処が悪いのか

全く判りません 本当に豚に真珠状態です(^^; ガハハハ・・・・・・・

今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。
ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

整備終了 [車輛整備]

zzz8582.jpg
ほら、電球色になったでしょう?









zzz8577.jpg
それでは、静粛化工事の顛末を・・・・・

って言っても やることは今までと同じですので ざっと紹介しますね









zzz8578.jpg
またまた、モーター部に蓋をしました これはウェイトも兼ねています(^^









zzz8580.jpg
nari-masa さんの記事と同じ様に ボディー天上部にもウェイトを貼り付けます

これは加重の意味だけではなく ボディーが共振するのを抑えるつもりも含めて

なんです~

この後、ヘッドライトの配線をして・・・・・・・・









zzz8583.jpg
このところ続いた マイクロエースの 以上3輌の静粛化工事は終わりました~




ここで確認動画です 同じ様な動画でYouTubeさん 御免なさい!(^^;

単機での走行より 連結牽引の映像のが面白いですね~









zzz8584.jpg
そうそう、以前頼んでおいた これが今日届きました

キハ85-100の幌アタプターです 今後のために6輌分注文したのですがセット

ばら売りの単車で ジャンクでも構わないのですが あと最低でも3輌の100番代を

探しているんです 昨年のJAMでは 100番代のばらを探したのですが 見つけた

のは 0番台一輌でした 0番台は必要ないんです(vv;

気長に探します(^^; そのためにこの幌アダプターを3セット購入したんです(^^;









zzz8585.jpg
ホワイトメタル製です(KitcheNさん)

国鉄山鳥線のオヤマダさんから情報頂けました(^^V

2個1セットなので 3セット6両分確保しました 送料の方が高かったですが送料の

値引きをして頂いたので助かりました(^^V









zzz8586.jpg
これに付けて感じを見たいです









zzz8587.jpg
そうそう、これですよ~ これでなくては100番代ではありませんよね~









zzz8588.jpg
水のりで仮に貼って感じを見ています 

いやいやそっくりですね~ 感じ色塗りしなくても良さそうな色合いです









zzz8589.jpg
こんな連結も・・・・・・・・









zzz8590.jpg
こんな連結もしたいです









zzz8591.jpg
明日は これの工事が出来るといいな~

今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

DF90静粛化 [車輛整備]

zzz8574.jpg
まだ、ライトが白色のままですが 静かな走りは嬉しいものです(^^









zzz8569.jpg
DF90とDF91 どちらも車体が反響して 走行音が煩いです

プリント基板を外しただけでは そのノイズは余り軽減できません 

ここはボディーにオモリをしっかりと貼り付けなくてはなりません









zzz8570.jpg
ノイズ以外の問題もあります

この様に容易に集電板と集電シューが この様に外れやすいので これの改善も

行なわないとなりません









zzz8571.jpg
ギヤー音も凄いので 全部ばらして 要所に給油 要所をクリーニング









zzz8573.jpg
それから チップLEDの配線をして さて、試運転と参りましょうか~(^^





どうですか? 見違える感じと成りましたよね~

この車輛もお蔵入りから解除出来そうですね さて、何を牽かせようかな?

今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

臭いものに蓋 [車輛整備]

zzz8558.jpg
モーター周りの脂分をエタノールで除去しています









zzz8564.jpg
実は 1mmの鉛板をこの様に切り出して・・・・・・









zzz8559.jpg
モーター上面に蓋として被せてしまいます

昔からよく言うではありませんか~ノイズの発生源のもっとも怪しいところ・・・・・・

俗に怪しいって臭いって言いますよね~ なのでそこに蓋をして モーターを半密閉

モーターにしてしまいます 









zzz8560.jpg
昨日点灯しなかった片側のヘッドライト 結果はこの様に断線していました(^^;









zzz8561.jpg
モーターに鉛板の蓋をしましたので 昨日ボディーに貼り付けた鉛板はスペース的に

入らないので剥がす事に・・・・・・









zzz8562.jpg
この時点で走行テスト

静かです(^^




その証拠の動画ですよ!

どうですか? 同じモーター 同じボディー でも、静かになりました(^^V









zzz8565.jpg
モーターに蓋を被せてノイズが消えるなら この状態でプリント基板を被せたら

ノイズ軽減出来るかな? て思って・・・・・・









zzz8566.jpg
取り付けてみたのですが・・・・・・・・









zzz8568.jpg
いやいや、なかなか手強いです このDF90は

一旦全部ばらして見ないと お呼びでないかも? すばらしい走行音です

流石ディーゼル・・・・・・・・・トホホ

そんな訳で これから分解します

今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
前の10件 | - 車輛整備 ブログトップ