So-net無料ブログ作成
レイアウト製作記 ブログトップ
前の10件 | -

何とかレイアウト [レイアウト製作記]


zzz03419.jpg
以前20両編成を引っ張り出して線路計測を行ってみたのですが

部分的に14両編成が限界でした なのでコンテナの20両編成は

若しテールライト付きのコキだったら 少しの間テールが消灯ってな

現象もあり得ますね

ここでは赤丸部分に地上子が設置されています ここを先頭が通過

すると この後ろの区間が停止します









zzz03420.jpg
先ほどの赤丸部分の地上子はこの位置ですね

そうして緑丸部分にはギャプがあります









zzz03421.jpg
そうして最後尾がここになった時に









zzz03422.jpg
次の地上子がこの赤丸部分にあります これらは以前からのものです

ので このまま使えるでしょう









zzz03424.jpg
思いのほか地上子位置を決めるのに手こずっております(^^;

手こずったら気分転換、レイアウトではまだまだやることが目一杯

ありますから・・・・・・

紙を切り出して枠の採寸と参りましょう









zzz03425.jpg
適当に切って枠の輪郭線を作ります









zzz03426.jpg
はみ出た部分は印をつけておきます









zzz03427.jpg
紙を貼り繋いで大体の輪郭形成が出来た様です 

これを基にベニヤ板でも切断することに・・・・・・・


今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

目途は立っていないが [レイアウト製作記]


zzz03316a.jpg
画像を切り継ぎして貼り付けて感じが判って頂けるかと思いました

断腸の思いで この様に変更しようと一時は考えたのですが

思いとどまることに・・・・だってその方がやはり運転が楽しそう

でしたので・・・・・(^^









zzz03321.jpg
でも、単純には喜べない どうしたらATSを成功させることができるか?

その前に この山の頭部分が段ボールで出来ているため 湿度によって

変形するんです 









zzz03322.jpg
そのため裏に角材を貼り付けて反りを防ごうとしたのですが それでも・・・

この部分は点検窓なのですが 実際には範囲が狭くてあまり活用して

いませんでした そうですね~この部分での脱線だけは対処出来ました

しかし線路の掃除には範囲が狭すぎてどうにも寸足らず的存在でした









zzz03319.jpg
そこで、開口を大きくして対処しようと・・・・・

これは以前から考えていたのですが 今回は本腰を入れて・・・・

さらに山の蓋はスタイロフォームに変更しようと思います









zzz03320.jpg
この部分を切断して開口を増やします









zzz03323.jpg
ほら、この正面の梁が邪魔してこれより先の線路のメンテが出来ない

のです









zzz03324.jpg
その梁を撤去しました この状態で棒の先に布など巻いたものや

紙やすりを貼り付けた棒で線路の掃除が相当奥まで可能になりそうです









zzz03325.jpg
それでも奥に届かなかったら左の山の頭も持ち上げると隅々まで

届くようになりそうです(^^









henkou02.jpg
それで、一旦はこんな風に路線を変更しようと早まった考えに陥りそう

だったのですが・・・・・









D-ats02a.jpg
こんな風に元の通りに進めることに この図ではポイントがポイントに

なりそう(駄洒落)

この路線図でしっかりしたギャプを確認中です









zzz03318.jpg
先ずは天空ヤードの出口のこの部分 以前ATSの準備をしていたのですが









zzz03317.jpg
地上子となるリードスイッチが設置されていますが この部分では

どうやら用をなさないようですので撤去することに・・・・・

そしてベストな位置を探すことに

いやいや 涼しくなりましたね~


今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

nice!(34)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

断腸の思い [レイアウト製作記]


zzz03306.jpg
山の頭をどかすと 内部の線路が顔を出します

この分岐とその右の線路を廃止しなくてわなりません

断腸の思いです









zzz03307.jpg
そうしてこの線も廃線です










zzz03308.jpg
天空線のギャップ位置は確認済みですが こちらは山線です









zzz03309.jpg
緑矢印が山線です 青矢印は天空線です

ここでは頻繁に合流衝突を起こしていました ATSではそれを防ぐ

ためのシステムも組み込まれているんです









zzz03310.jpg
さて、探し当てたギャップ部分から20両編成を置いてみます

この位置でギャップの左側の線路を停止にしなくてわなりません









zzz03311.jpg
20両ともなるとこんなところまで来ても先頭が見えません









zzz03312.jpg
先頭は恐らくこの山の中









zzz03313.jpg
頭をどけてみると いましたね~

因みに赤矢印の路線は断腸の思いで配線予定のものです

これを撤去すると この下の路線が顔を出してメンテしし易くなるかも?









zzz03314.jpg
早速ATS地上子設置場所をマーキング この位置なら半田配線も

叶いそうです









zzz03315.jpgその先に現行の地上子が有るのですが これが難点でした

この先のトンネルに入ると 山の中は3%程の登り勾配なんです

そのためにこの地上子で後ろの区間を解除してしまうと 登り勾配を

えっちらおっちらと速度を落として走行していると後ろの線路は

ず~っと下り勾配、加速しながら追いついてしまうんです

さて、理想的な解除地上子は一体どこに?

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

nice!(33)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

やってみました [レイアウト製作記]


zzz03290.jpg
先ずは天空ヤードから出て最初のギャップ部(ダルマピン)

そして・・・・・









zzz03292.jpg
最初の訂正箇所が見つかりました 20輌編成では このギャップ部は

全く無意味 完全に車両が乗っかってしまいます 尤も冷や水では

20輌編成などありませんが コンテナだったら可能性は無きにしも非ず

ですからね~









zzz03293.jpg
そうして第2のギャップはダルマピンです









zzz03294.jpg
第三のギャップはここ(ダルマピン)

20輌編成は見事に閉塞区間内です









zzz03295.jpg
第四のギャップ地点では(画鋲)単なる閉塞ではなく 山線基地から

登ってきた列車との合流がありますので ある種特殊の問題に









zzz03296.jpgさて、問題はその部分からなんです









zzz03297.jpg
第四の閉塞区間から抜けた先は・・・・









zzz03298.jpg
先頭が完全に山の中









zzz03299.jpg
右奥にもう2輌隠れています そんな山の中にATS地上子の設置は

無理に等しいです そしてたまたま線路がこの路線に切り替わって

いたためですが 本来は一番手前の線路を使っているんです

そう、今車両が居る部分はあり得ない山中の待避線なんです

勿論その待避線に20輌編成など収まる長さではありません

それと この待避線は今回の いや今までのATSには問題あり

なんです 若し待避線に列車を入れたら その先にあるATS地上

を踏むことは永遠にないため D線全線不通になってしまいます

調べたところ この退避線を廃止すると 山中の線路メンテが

完璧に楽になること デメリットは本線から補機にて登ってきた

列車が収まる線路が無くなってしまうこと しかし本来は本線への

連絡線路であってフル編成が登れるような勾配ではないんです








これが証拠の動画です












zzz03300.jpg
さて、調査を続けてきたのですが この様に編成が重いため登り勾配では

先頭車を引っ張り上げたらこの様に転覆してしまいました

調査とは言えこの現状を回復するには大往生! ここまで来るまでに

山の中へは引っ張ることも出来ないので後ろの車両を押して推進

その際トンネル内の登り勾配で重量に耐えられず中間の2両が

跳ねだされて転覆なんぞありまして 復旧に手間取りました~









zzz03301.jpg
撮影には自走してしまう部分もあるため最後尾にはライターを置いての

撮影にzzz03302.jpg

今度は山線の閉塞区間がこの位置  そして









zzz03303.jpg
最後尾はこの位置に ギャップはトンネルの向こう 丁度6両が

ギャップの外ということになります 20-6=14 ん~ん

やっぱり14両編成が目いっぱいってところ? でも・・・・・・

コンテナ編成を考えると これで諦めてしまうことはコンテナ締め出し

ってことになりますからね~ ギャップ位置を考えましょう









zzz03304.jpg
しかし、朗報もありました 20m級20輌編成がすっぽり収まる

路線がここにありました~もちろん留置できます こんな長い待避線

有ったんですね~(^^


今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

nice!(30)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

20輌編成 [レイアウト製作記]


zzz03274.jpg
次の目的地は?

点検中の様です(^^;









zzz03275.jpg
ポイント付近も点検・・・・・・









zzz03276.jpg
一通り点検が終わったようで撤退しています









zzz03277.jpg
私もクモ〇に負けてはいられません

再三の様にレイアウトは物置と化しています









zzz03278.jpg
大半の線路は物で覆われて顔を出していません(^^;

これらまた全部片づけてなんてやっていたら またすぐに年が明けて

しまいそうですので ここは要所要所を片づけながらの作業と

参りましょう~









zzz03280.jpg
未だこの辺りは地上子の設置の可能性がありますので バラスト作業は

後程に









zzz03281.jpg
先ずはこの天空ヤードを起点として ギャップの位置を確認することに

更には地上子の設置場所を決めなくては

(ギャップの位置確認、もう何度やっているのかな~)









zzz03282.jpg
閉塞区間は最低でも20輌編成が収まる長さに設定しようかと・・・・・

冷や水では最大で14輌編成しかホームには収まらないですが・・・・

で、これが20輌編成です








zzz03283.jpg
天空ヤードにも収まりません









zzz03284.jpgこの左先3m程のところにギャップがあって 天空ヤードは他の

線とは別に入れ替え作業など出来るようになっているんです









zzz03285.jpg
先ずは天空ヤードを出てから最初のギャップ位置を確認

該当箇所にダルマピンを差しておきます これは後で路線図に

記そうと思います









zzz03286.jpg
天空ヤードを出発して 最初のギャップ位置まで編成を移動します









zzz03287.jpgこの位置ですね~ この近辺にオープン用のリードスイッチ(地上子)の

設置をしなくてはなりませんが 路盤に穴あけ出来るかな~

泥縄設計ですので この上5cmくらいのところに天空ヤードが・・・・

これは難しい作業になります









zzz03288.jpg
さて、その位置に停車させてみると 後ろはこんな位置に・・・・

この位置に車輌が来た時点で天空ヤード前の閉塞区間が解除されて

天空ヤード前にいる車両が走りだすってな仕掛けなんです

これからぐるりと一周、この20輌編成で可能かどうかの確認作業です

今日は台風の余波で非常に涼しいです(^^


今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

nice!(32)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

F捜索 [レイアウト製作記]


zzz02069.jpg
実車は見たことありませんが この様な

変わり種は好きですね~ 他にも好きなもの

あるのですが 中古でも高くて・・・・・・









zzz02065.jpg
懸案の場所ですが・・・・・

TOMIXのC57をバック運転して脱線状況を

確認、いやいや、脱線はありませんでした(^^

問題は今のところバック運転のKATO C11とC12

ですかね?

そうしたらKATOのテンダー機もやってみますか・・・








zzz02066.jpg
配線を辿ってのフィーダー捜索は大変ですので

リード線に通電して線路の個所を確認します

でも、ここ本線は線路塗装したままでした~(^^;









zzz02067.jpg
さて、 本線のF(フィーダー)を見つけるため

早速線路磨きからです









zzz02070.jpg
通電しては 通電確認して閉塞区間の捜索

こうして該当する線路に車両を乗せると

室内灯が点灯します。









zzz02071.jpg
配線には命名していない部分がありますので・・・・・









zzz02072.jpg
取り敢えずの命名をしておきます

これは最終的にちゃんとしたものに変更予定









zzz02074.jpg
これは本線Aの外遊線ですね 

これは過去に命名してありました

しかし先のA1と重複したフィーダーでした

と言うことは本線Aには閉塞区間が無かったんですね~









zzz02075.jpg
A線に続き 今度はB線









zzz02077.jpg
路線図にフィーダーを描き込んでいます

ただしこれはフィーダー位置ではなく

通電のあった部分ってことですね~









zzz02078.jpg
A線とB線の別々に纏めておきます









zzz02076.jpg
ここで訳の判らない配線を発見!

この図では「4」のフィーダーです









zzz02079.jpg
この様に並列配線をしてあります

当時何を考えて?何の目的で?

精査しなくては・・・・・・・

驚いたことに本線には閉塞区間がほとんど

設定されていなかったようですね(^^;








honsen0003a.jpg
それでは新たにギャップを作りフィーダーも

設けなくてはなりませんね

この図は濃い赤がA線、濃い青がB線

それぞれ薄い色は助走区間になっています

その他のグレーは別系統の操作になります

これを元に明日からギャップ、フィーダー作業と

言うことになりそうです

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

一進一退 [レイアウト製作記]

zzz02037.jpg
一時期増えてきたのですが 最近は30000系の方が

どんどん多くなっています

マイクロエースさんも この辺りから結構な価格になって

来て中々入手が叶わなくなっています









zzz02038.jpg
さて、とぼけた話ですが 過去にも平然と運転をして

いたにもかかわらず 山線Dの跳ね上げ端子に通電が

ありません どういうこと?

嘗ては、山中鉄橋と言う名のフィーダーがあったのですが

現在は山中と鉄橋に分かれてしまっています

これは跳ね上げ式の通電の悪さで通電方式を変更した際に

こんなことになってしまったのか?自己の作業にも関わらず

全く記憶の外なんです(vv;









zzz02039.jpg
考えていても進まないので 一応鉄橋と銘打ったフィーダーを

先の端子に接続して通電も行ってしまうことに 

nari-masaさんに整備して頂いたED61でのテスト

快調に走行してくれて 無事に確認作業を終えました









zzz02040.jpg
そうして命名

待てよ? あの端子には他にも配線が来ていたのですが

一体どこに繋がっているの? 線を辿ってみたけれど

山の中で余りよく見えない 完全に確認したわけではない

のですが 恐らく同一閉塞区間のダブルフィーダーになって

いるような感じです これは今後問題になったら考えることに・・・・









yamad0003.jpg
そんな訳で 昨日まで通電なしだった下の鉄橋部分に

通電が始まりました ついでに10セクションもあった

閉塞区間を9セクションまで減らせました 理想としては

7セクションまで縮めたいのですが この他のセクションは

どうみても長い区間ばかりなんです 選択が難しいです









zzz02041.jpg
ほんの少し 僅か一歩前進したものの これの問題が・・・・

前進運転では全く問題なかったものの 後進運転では

低いスノーブローが悪路の線路によって通過を阻まれて

しまいます これは一歩後退ですね~









zzz02042.jpg
既にカプラー支持板は薄い状態になっていて これ以上削る

のには無理があります









zzz02043.jpg
思い切ってスノーブローの上端をこのカプラー支持板と同じ高さに

するべく無造作に切断したのですが あちゃ~

多く切りすぎてしまいました

今考えてみたら この部分スノーブローの「へ」の字の角度に

切断した方がよかったかな?って もう遅いです(vv;

レイアウト場もだんだん暑くなってきて ここでの作業は

もう少ししか出来ないかな? 暑さも平気でやっていた

あの頃が懐かしい・・・・・・・・

とても連休数日を費やしたような事柄ではありませんね

今日一日で連休も終わり さて、仕事やる気になるかな~(^^;

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

全て駄目 [レイアウト製作記]

zzz02024.jpg

オハフ25 901 夢空間









zzz02025.jpg
オロネ25 901

中古と言うよりはジャンクってな感じで入線

マニ24などは片側コイルバネのTR台車で 

もう片側は空気バネのTRですから・・・・・・

笑っちゃいます(^^;









さて、本題です

その本題が笑えない・・・・・・
zzz02027.jpg
C線の鉄橋部分の端子には通電あり

しかし右の2端子 D線の通電がありません

フィーダーは見つけたのですが それをここに

繋いでもここに電気が来てなければ話にならない

この後C線の接続は終了したのですが・・・・・・・・









zzz02028.jpg
そんな工事の中 またまた本線の跳ね上げ部が落下して

壊れてしまいました~ もう何度目?

修復の度に精度が落ちていく これは構造を

変えないと今後も付きまとう問題です









zzz02029.jpg
それに繋がるもう片方はこの様に自立しませんので

柵に括り付けて この様なことにはならないのですが

フレキの曲線に押しやられて少しずつ変形しています

こちらも以前から修復していたのですが どうにも

ならないようで こちらも作り直しになりそう トホホ









zzz02033.jpg
これで本線は名実ともに不通と言うことになりました









zzz02030.jpg
通電が始まったC線でKATO C11のバック運転を・・・

前進では何事もなかったけれど バック運転では

やはりスノーブローが低すぎて ポイントとかガードレールに

ぶつかってお話にならないです これの修正も?

今日はやることなすこと全て駄目









zzz02031.jpg
駄目でなかったのは 昔の配線で絶縁テープを使ったため

テープが劣化 粘着力もなくスルスルと・・・・・









zzz02032.jpg
それを 熱収縮チューブに取り換えました これも劣化しない

訳ではありませんが 暫くは動いてしまう心配はなさそう









yamad0001.jpg
山線Dの路線図再度

閉塞区間ごとに色分けしてみました 

こうしないとどうも頭が混同してしまい前進しない

しかし、余りにもブロックが多すぎます

ラッチングリレーは高価ですので湯水のごとく使えませんので

少し整理しようと・・・・・・









yamad0002.jpg
出来上がったのがこれ!

殆ど変わりない この路線図では線路の長さが判りません

この図で短い区間でも実際には思いのほか長いために

どの区間を併合するか悩みどころです

さて、千石電商さんで見つけたラッチングリレー

一個600円弱 さて、何個必要なの?


今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

大誤算 [レイアウト製作記]


mm84201.jpg
逆光になっちゃいましたね~ 写真のセンスありませんので・・・・・









本題です
yamab0003.jpg
路線のフィーダーを確認しながら こんな風になったのですが









mm84203.jpg
どうやら思っていたところには ギャップが存在しませんでした









mm84204.jpg
それにこのスイッチバックのスイッチはあるものの

通常電源とスイッチバック電源の切り替えスイッチがない









mm84205.jpg
更には スイッチバックに不可欠なこのポイント部の切り替え

スイッチが無いではありませんか(vv;









mm84206.jpg
それと先日挙動不審であったこのC大鉄橋フィーダーは

極性を変えてもどちらもショートします

単体での通電では問題なかったのですけれどね~









mm84207.jpg
今度は配線を辿って・・・・・・・









mm84208.jpg
その目的地を探し出しました

そこには以前土手を作るために発泡スチロールを置いて

土手としたのですが これが邪魔で 配線の目的地に

辿り着けません









mm84209.jpg
そこで発泡スチロールを取り除いて目的地発見

これは以前 通電劣化を起こしていた跳ね上げた式の

通電部分を直接通電と変更した際に追加工事だったかも

ただ単にぶら下がっている配線がありましたので 

撤去します









mm84210.jpg
これで不必要な配線は無くなりましたが・・・・・・

まだまだ精査する必要がありそうです

危ない配線ですね~









yamab0004.jpg
そうして現在の状態を色分けして閉塞区間を表示したのですが

これは大誤算、これでは成立しません トホホ

折角乗って来たかと思いきや・・・・・・・・

またまたトンネルの中に・・・・・・・・

そうそう、探していたOMRONのラッチリレー

千石電商さんで扱っているようです 追加購入しなくては・・・・



今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

み~つけた [レイアウト製作記]


mm84002.jpg
KATOのものも所有していますが これはブログの方から

部品を使ってくれって頂いたもの 部品を使うのは勿体ない

ちょっと手を入れてやったらかなり静かに走行します

その節はありがとうございました。









mm84101.jpg
頭の中で思い出しながら描いた路線図に ギャップ、フィーダーの

確認を描き込んで行こうと思います









mm84102.jpg
さて、先ずはこのC鉄橋ですが 勿論フィーダーですよね

しかし何事でしょう? これに通電したらC線1周分動いて

しまいました そんな訳ないはずなのに・・・・・









mm84103.jpg
C線のループの下りには このレオスタットを使用して

減速して下るようにしてあるのですが そのC鉄橋にも有効?

問題なさそう????









mm84104.jpg
訳が分からないからって止まってしまうと今までと同じに

なってしまいますので ここはターミナルの全てを確認して

みます









mm84105.jpg
さて、訳の判らないフィーダーが出てきましたので

?マークしておきます









mm84106.jpg
図面に不備ですね~

この後修正しておきます ここはダブルクロスでその中間に

ギャップがあるようです 何も覚えていないんですトホ









mm84107.jpg
ここでも図面不備

存在するポイントが省略されていて このままでは

管理が出来ないようです









mm84108.jpg
さて、そのポイントは位置ですが ラフスケッチしておきます









mm84109.jpgターミナルから一本一本リード線を外して通電

今までのリード線を辿っての確認ではなく 直接リード線に

通電して そこがどこなのかの確認作業です 

ここで止まりました~









mm84110.jpg
ギャップをみ~つけた(^^

だんだん判ってきましたね~









mm84111.jpg
これでたーみなるから全てのリード線が外れました

このターミナルはATSの導入で廃止となりそうです









mm84112.jpg
ターミナルの全ての線を確認したのですが 通電のない区間が

存在しました さらにあのC鉄橋は 本当にC鉄橋しか通電

出来ないようです 一体さっきのはなに? どこかで短絡?

危ない危ない

最後は例の「?」のリード線 場所が判りましたよ 

み~つけた(^^;









yamab0002.jpg
今日の作業で図面もこの様に訂正して

更にはこれにギャップの位置を描き込みました

手持ちのラッチリレーは9個が余って居ます

A線とB線とC線 それぞれ3区間に分割できそう

しかし3区間では忙しい、絶えず後ろの編成が停止

ってなことになりそうなので せめて4区間に・・・・・

しかし、今所有のラッチリレー 現在OMRONでの販売

ありません これから不足分をネットで探さないと・・・・・・

しかし結構高いんですよ~ 秋月電子さん ラッチリレーの

取り扱いないかな~

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

前の10件 | - レイアウト製作記 ブログトップ