So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

急停止 [車輛改造工作]


zzz02240.jpg
上の旧製品とは品番がこの様に違います









zzz02241.jpg
新製品にはこの様に前面に幌枠が付いています

車体全体は新規金型なのかどうかわからない出来上がり









kiha85100.jpg
実車ではこのように幌枠に幌が付いているものしか

見たことないので これはまた改造必須ですね









zzz02242.jpg
変わったなって思えるところは台車マウント

トイレタンクが付いたところくらいでしょうか?









zzz02243.jpg
その他の違いは判りません 一旦取り混ぜてしまったら

どちらが新でどちらが旧なのか全く判らなく

なってしまいます









zzz02244.jpg
向こうが旧製品でキッチン?だったかな~

幌枠部品を購入して取り付けてあります









zzz02245.jpg
車番も旧製品は100番台で









zzz02246.jpg
新製品は1000番台に









zzz02247.jpg
キハ85の0番台も 新旧見分けがつきません









zzz02248.jpg
向こうが旧製品です









zzz02249.jpg
新規金型はなんて言ったってこれでしょう








zzz02250.jpg
C56 小海線ですので スノウプラウを付けてみました

が、ここで接着待ち 接着完了後にカプラーを差し込んで

完了予定でしたが・・・・・









zzz02251.jpg乾燥待ちの間D51のカプラー作業をしようって

しかし乾燥したC56にカプラーを装着しようと

したら 接着できない樹脂のカプラーポケットですので

見ごとにポロリ どうやらやはり補強が必要なようです

ここで作業は停止 補強の方法は考えついていますが

そんなに上手くいくかな?って疑問もあります

つづくD51も同じような構造のため・・・・・・


そんな訳で作業は急停止!

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

癖になりました~ [車輛改造工作]


zzz02211.jpg
またまたカプラー高さを確認します

この処の確認作業で どうやらカプラー高さと

ダミーカプラーの形状は変わらないようです









zzz02212.jpg
以前までは怖くて分解など出来なかった蒸機

方法が判れば所詮は同じような構造ですよね

少し力を入れたら分割部分が判るような?

でも、このC59はキャブを外そうともじもじ

パカッ! 一気にボイラーまで外れてしまいました(^^;

おおお~ 大昔の蒸機とおんなじだ~って









zzz02213.jpg
分解ついでに コンデンサーを取り外して

常点灯工事もついでに行っちゃいます









zzz02214.jpg
コンデンサー外しちゃいました~









zzz02215.jpg
一応停止中に点灯しますが 暗いです

この辺りの蒸機は低電圧で走行してしまいますので

ライトを明るくしての停止は難しいようです









zzz02216.jpg
そう言えば数日前に飛ばしてしまったダミーカプラー

発見しました 下手したらダミーカプラーを購入しないと

足りないかも?って思っていましたのでラッキーなり









zzz02217.jpg
呉線ですのでスノウプラウは付いていませんで

この様なものが付いています








zzz02218.jpg
例によって工作は今までと同じ

φ0・4mmの穴を貫通させました









zzz02219.jpg
次いでダミーカプラーの付け根の任意の個所に

φ0・6mmの穴を・・・・・・

この穴あけ作業が大変! ど真ん中に貫通させるのが

難しいです 純正のダミーカプラーに穴を開けたもの

販売してくれないかな~(^^;









zzz02220.jpg
例によってダミーカプラーの内側をφ0・7mmの

ドリル刃で慎重に削り すこし内側の面積を

広げて ナックルカプラーを当てがいながら

削っていきます コツはそんなところでしょうか









zzz02221.jpg
C59の場合はそのままカプラーポケット部品を

装着して内側で接着しました









zzz02222.jpg
意外としっかりと固定できました









zzz02223.jpg
常点灯対応になり 前面での連結も可能になりました

しかもカプラーの大きさは最も小さいダミーカプラーの

大きさですからね~ これで連結出来たらウ~シッシ~

ですよ~(^^









zzz02224.jpg
削り後の毛羽は取り除いていませんが・・・・

連結確認です

連結は双方押し付けるとそのうちパチッって

嵌ります 開放は車体を持ち上げ気味にすると

叶います









zzz02225.jpg
ダミーカプラーの時の長さで固定すると

カプラーが殆ど首を振りませんので

ほんの少し長めにして止めてありますので

そうだな~2~30度程度首を振ります

復帰は出来ません(バネがありませんので・・・・)









zzz02226.jpg
思ったより簡単に出来てしまいましたので

今度はこれもって









zzz02227.jpg
工作は全く同じですので割愛

これも常点灯になりました

ライトはこれ以上明るくすると走っちゃいます(^^;









zzz02228.jpg
それも簡単に済んでしまいましたので

今度はこれ!









zzz02229.jpg
もう慣れたもので サクサクと分解出来ちゃいます(^^









zzz02230.jpg
同じく常点灯ですね









zzz02231.jpg
前面カプラーは元々のダミーカプラーですので

一寸見は良い感じです やはり削った部分の

バリ、ケバは致し方なしでしょうかね?









zzz02232.jpg
昔の製品、って言ってもキャブモーターではないもの

96も分解です

キャブ、ボイラーを外す前に工事部分が外れてくれて

ラッキーです 電球かと思ったら3mm砲弾型LED

これもコンデンサーを外して常点灯に









zzz02233.jpg
赤いライトですね~

これはまた後程にってことで先に進めます









zzz02234.jpg
これも・・・・・・









zzz2235.jpg
これの前面カプラーは固定が大変でした

舜着工事でしたので衝突などの衝撃が

あったらポロリと取れてしまいそうな構造

衝突させないようにしないと・・・・・・(^^;









zzz02236.jpg
2時間ほどで5両も工事 さて、次?

どうやらダミーカプラーの連結可能化作業

癖になったみたいです(^^;

さてC56を取り出したところでタイムアップ

晩飯の時間に・・・・・・・・


今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

ファイト!一発! [車輛改造工作]


zzz02193.jpg
ダミーカプラーを再び削ってみました

手前のCSナックルと比べてもかなり小さいです









zzz02194.jpg
それを細いドリル刃を使ってナックルの内側を

削っていき 現物合わせで加工してます









zzz02195.jpg
そうそう、蒸機の分解は怖くて今まで余り

やらなかったのですが・・・・・

分解してみました

これはスノウプラウを取り付ける際に

分解しないとやりにくいためなんです









zzz02196.jpg
ばらしたついでに運転手の座席に色を入れて









zzz02197.jpg
ついでにコンデンサーを取り外し常点灯に・・・・









zzz02199.jpg
はい、取れました~









zzz02198.jpg
暗いですが 停止中に点灯します

これよりほんの少し明るくしようとすると

走りだしてしまいます









zzz02200.jpg
さて、加工したダミーカプラーがスノウプラウに

付きました

ダミーカプラーは付け根の部分を少し削って

細くして首が動くようにしてあります










zzz02201.jpg
今度は正面から 首は少しですが振りますが

自力で正常位置に戻ることは無いですが

支障はないようです









zzz02202.jpg
取り付けてみました

思ったよりしっかりとしています

固定は舜着です









zzz02203.jpg
KATOのナックルと連結してみました

OKですね~

所詮ダミーカプラーですので顎は動きません

しかしこれで相方がナックルカプラーならば

ぶつけるとカチッ、と嵌るんですよ 

開放は持ち上げると出来ます(^^









zzz02206.jpg
脱線、開放がないか確認の運転です









zzz02208.jpg

zzz02209.jpg
R315は無事に通過できました

冷や水では最小曲線がR315ですので

それよりも急な曲線での通過確認は出来ません。

いやはや やる気になったら出来るんですね~

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

はい、それまで~よ~♪ [車輛改造工作]


zzz02190.jpg
走行テストを行った結果少々けん引力に欠けますが

無事走破 残念ながら数回の自動開放になりました

これはカプラー問題ですね~









zzz02182.jpg
カプラー問題って言えば 昨日のこれ

シンキョーカプラーの形状ではこんな感じに









zzz02183.jpg
しかし、標準装備のダミーカプラーでは

高さがピッタリですね









zzz02184.jpg
つまりこの様にシンキョーはナックルが軸より

上に出ているため その分高くなってしまう









zzz02186.jpg
手ごろな厚さのランナーが残っていましたので









zzz02187.jpg
それを小さく切断して・・・・









zzz02188.jpg
シンキョーカプラーの軸上面に舜着で接着

更には半田ごてで溶着してみました









zzz02185.jpg
例によってカプラーポケット部にφ0・4mmの

穴を貫通させるなどして接着乾燥待ちです

しかしこの後シンキョーカプラーの削り中に

敢え無くバラバラに・・・・・・

無理もないですよね~









zzz02191.jpg
それではと 今度はKATOのCSナックルを・・・・

これも舜着で固定 こてで溶着

しかしこれもバラバラに(--;









zzz02192.jpg
最後の手段で 標準装備のダミーカプラーを

加工して連結可能にしたのですが・・・・・・

いざ、カプラーポケットに装着って段階で

プッチ~ンッッッ~ はい、それま~で~よ~

ふざけやがって、ふざけやがって、ふざけやがって コノヤロー

泣けてく~る~♪ 

お粗末!

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

片ギャップ [雑談]


zzz02171.jpg
東武特急 1720系です 通称DRC

当方のレイアウトでは脱線機でしたが

ボルスター部分にスペーサーを挟んで以降

脱線は無くなりました どうにも製品は

台車に遊びがないようで マイクロ製品は

ボルスタースペーサーが必要なようです









zzz02172.jpg
編成表が非常に不親切 パンタ車の向きは判りますが

その他の車両の向きが一切判りませんね









zzz02173.jpg
本題です

今後始めるATSなのですが なにも両ギャップ

ある必要がないかな? その方が配線も少なく

有効なのでは?って・・・・・・・

勿論両ギャップ部分も必要な場所がありますけれど・・・・









zzz02174.jpg
リューターで切断ですので 結構隙間があいて

しまっていますが 当方地動説

いずれくっ付いてしまいそうですので

間に木工ボンドでも流しておきましょう(^^;









zzz02175.jpg
バラスト後の切断でしたので 完全に縁切りに

なったかの確認をしてます・・・・OKですね~









zzz02176.jpg
路線図にもギャップ位置を描き込んでおきます









zzz02177.jpg
今度はATSの配線ですね~

がおう☆さんのページに大きなヒントがありましたので

早速実践しようかと・・・・・

これをスキャンして それに配線を書き込もうかと

思うんですよ 少しは配線がすっきりするような予感が・・・・









zzz02178.jpg
話はコロコロ変わります

この処のC11とかスーパーなめくじとかの

前面カプラーの工事に味を占めて 以前から

気になっていた この2両の前面カプラー交換も

視野に入れたいです









zzz02179.jpg
ニセコ仕様の北海道型です

向こうの2号機は前面ダミーカプラー

手前の3号機は付属の重連カプラー

見た目は余り気にならないようですが

重連カプラーはスノーブローと一緒に顎を外します

それがどうにもね~









zzz02180.jpg
これにシンキョーカプラーを取り付けて

スノーブローを固定できないか?って・・・・・









zzz02181.jpg
ほら、こんな感じに 勿論そのままでは使えません

余分は全てカットしないと・・・・









zzz02182.jpgしかし、こんな落とし穴が・・・

カプラー高さが全く合いません

よれよれの出発進行となりました~(^^;

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

無事通過 [車輛改造工作]

zzz02167.jpg
重連カプラーを使わないで連結できるように

なりました、数ある所有蒸機で重連出来るものが

またまた増えました~









zzz02152.jpg
さて、気になっていてテンダー側のカプラーの長さ

これを少しでも縮められないか?

色々なカプラーを試したのですが全て駄目

止む無く現行のシンキョーカプラーを使うことに・・・










zzz02153.jpg
シンキョーカプラーの原型はナックル部分しか

残っていませんが こんな方法を取ってみました

こちらは出来る限りシャンクを縮めることが出来ましたが・・・・









zzz02154.jpg
先に工事した左は 未だ長かったのでそれを改善したのが

右の感じです









zzz02155.jpg
これからは 全てボケ写真ですが 実際に走行させた

動画です 同梱の重連カプラーを使わずの重連です









zzz02156.jpg
最急曲線も難なく通過











zzz02157.jpg
正直音はうるさいです

でも、蒸機ですのでこのくらいは許せるかも?









zzz02159.jpg


zzz02168.jpg

zzz02162.jpg
なまじ ボケ写真の方が迫力があるようなないような?









zzz02168.jpg
自然開放も脱線もなく無事に走破出来ました









zzz02166.jpg

テンダー後部のライトはダミーのままです

そして連結間隔はこのくらいまで縮めることが出来ました

この処、涼しい日々が続いています 今のうちに

レイアウト作業をした方が良いですね

もう少ししたら釜茹での刑になりそうな気候が

押し迫ってきていますので・・・・・

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

おおナメクジ [車輛改造工作]

zzz02126.jpg
おおナメクジからライトユニットを取り外しました









zzz02127.jpg
電球を取り外した基盤とでも言ったらいいのでしょうかね?

絶縁体です これをそのまま使います









zzz02128.jpg
フレームの間に挟んで これから作る端子が

短絡しないようにします









zzz02129.jpg
で、これが新たに使用する端子になります









zzz02130.jpg
先ほど挟んだ絶縁体の両サイドに作った端子を差し込みました









zzz02131.jpg
れにCRDとスイッチングダイオードをそれぞれ

半田付け









zzz02132.jpg端子がぶつかっても問題ないようにフレーム側に

アセテートテープを貼ってみました









zzz02133.jpg
φ3mmの砲弾型LEDを取り付けて・・・・・









zzz02134.jpg
余分な足を切断して LEDの頭にクリヤーオレンジ

を塗布しました









zzz02135.jpg
ライト点灯を確認したら 今度はこのスノーブロー









zzz02136.jpg
先ずは開放てこ部品を端梁から取り外して・・・・









zzz02137.jpg
スノーブローを切断して・・・・・

カプラーポケットのモールドを削り取ります












zzz02138.jpg
こんな感じになりました ついでにカプラーポケットの

下部分も切り取っておきます









zzz02139.jpg
そして KATOの長野式集煙装置付Assyの

スノーブローを取り付けようと思うんです









zzz02140.jpg
スノーブローのカプラーポケット部分のこの辺りに

φ0・4mmの穴をあけます










zzz02141.jpgもう少し下も穴あけです









zzz02142.jpg
その穴にφ0・4mmの真鍮線を差し込んで

カプラー取り付けの準備です









zzz02143.jpg
使うカプラーは これ、シンキョーカプラー









zzz02144.jpg
一旦組み上げて ここにφ0・5mmの穴を開けておきます









zzz02145.jpg
もともと接着の出来る樹脂ではありませんので


半田ゴテを使って溶着します

この後デコボコをやすりしておきます









zzz02146.jpg不要部分をカットして連結可能ダミーカプラーと

します









zzz02147.jpg
スノーブローのカプラーポケットに可動ダミーカプラーを

取り付けました









zzz02148.jpg
上の画像と比べて これだけ首を振ります









zzz02149.jpg
そうしてスノーブローを取り付けて・・・・・・









zzz02151.jpg
これで完成と言うことになります


今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

ダミーな非ダミー [車輛改造工作]

zzz02108.jpg
マイクロエース クモユニ81










zzz02109.jpg
好きなんだな~運転台同士の連結が・・・・・









本題です
zzz02101.jpg
シンキョーカプラーを接着してダミー化したのは

良いのですが柄の部分を切断したら見事に分解

やむなく穴開けておいた部分に真鍮線を通して

再び接着して・・・・・









zzz02102.jpg
カプラーポケットに収めました

あごが動かないのでダミーですよね

でも、これKATOのナックルとは繋がるんです









zzz02103.jpg
それをEF55の前面にゴム系ボンドで仮固定









zzz02104.jpg
ん~ん 微妙に高いですね~









zzz02105.jpg
それはそうと55の車体を被せようと思ったら

嵌らない、もう一度ばらしたら中からウェイトが

さて、このウェイトどこにあったのでしょう?









zzz02106.jpg
さて、ダミーカプラーが完成です

でも、こうして連結出来るんです(^^

あとは試運転ですね









zzz02110.jpg
続いてはこれの整備









zzz02111.jpg
常点灯にはなりません

この機種は相当昔の作りであって

ボディーは一体型で 簡単に分解できます









zzz02112.jpg
カプラーもなんとかしないと









zzz02113.jpg
さて、話は戻ってライトです

やはり電球ですね~ なのでコンデンサーが

無い、常点灯にはなりません









zzz02114.jpg
ライトユニットを外しました








zzz02115a.jpg
電球はかなり小さくてφ3mmのLEDと比較

しても大きさが判りますね










zzz02116.jpg
その他にもちょっと許せない部分が・・・

この前面のスノーブローまで一体









zzz02117.jpg
スノーブローを切断しました









zzz02118.jpg
それはKATOのD51長野集煙装置付の

スノーブローに交換しようかと









zzzz02120.jpgこんな感じ・・・・









zzz02121.jpg
今までなかったステップも同時に付いちゃいます

さて、あとは如何なるものか?

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

どんくさ! [製作その他]


zzz02100.jpg
双頭連結器が付いています

あ~展望室に乗ってみて~~~~~









openclose001.jpg
さて、本題のATSですが 配線の途中経過

こんなシンプルなもの通用するのかな?

とにかく確認してみたい









zzz02080.jpg
そんな訳でブレッドボードを持ち出したのですが

ラッチングリレーが嵌りません 断念ですね~








ats0003a.jpg
もし出来たとしたらこんなイメージなんですが・・・・

しかしⒼで全てがパーに(^^;









zzz02081.jpg
そんな中 改造をお願いしてあったこれが

帰ってきました nari-masaさんがわざわざ


持ってきてくれたんです









zzz02082.jpg
一寸ごみが付いていますが これは我が家にて

前面ガラスがとても感じ良く仕上がっています

ついついあまり運転しなかった理由の一つ

だったかも? 走りもとても静かで低速が効くように・・・









zzz02083.jpg
こうなるといい加減に取り付けたこのカプラー

首が長すぎてなんだか間の抜けた感じ

せめて少しは抵抗してみないとnari-masaさんに

申し訳ないと思い・・・・・









zzz02084.jpg
カプラーの取り付けやり直ししてみようと

カモメナックルを出してみたのですが

カプラーポケットの奥行きが短くて黄色部分を

カットしたんです









zzz02085.jpg
なんだかの端材が残っていましたので

これを使うことに









zzz02086.jpg
こんな風に切断して・・・・









zzz02087.jpg
カプラーポケットの内側に接着









zzz02088.jpg
KATOの かもめナックルに変えてみたのですが

カプラーは首を左右に振らず 上下に・・・・

なのでカプラーポケットの下に鉛板を貼り付けて

上下動を軽減させようとしてみました









zzz02089.jpgしかし、しっくりとしない

首が斜めになってしまうようです

元に戻しても すぐにまた斜めに・・・・・









zzz02092.jpg
結局は最初のようにシンキョーカプラーに変更

シャンクの長さは右のように気持ちだけ短くなりました

首はかもめナックルと同じように余り振りませんけど・・・・










zzz02090.jpg
あと、やりたいことは前面カプラー

ダミーカプラーですが 高さがとんでもなく高い









zzz02095.jpg
それを何とかして連結できるように

ってことで先のC11に取り付けようとした

C12のスノーブロー部品を使うことに・・・・









zzz02096.jpgカプラーポケットの上下にφ0・4mmの穴を

開けて真鍮線を差し込んでみました









zzz02097.jpg
シンキョーカプラーを舜着で接着

ダミーカプラー化します









zzz02098.jpg
オリジナルボディーのカプラーポケットを

削り取って・・・・・・

さて、この続きは次回にって・・・・・

時間切れになりました~

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

F捜索 [レイアウト製作記]


zzz02069.jpg
実車は見たことありませんが この様な

変わり種は好きですね~ 他にも好きなもの

あるのですが 中古でも高くて・・・・・・









zzz02065.jpg
懸案の場所ですが・・・・・

TOMIXのC57をバック運転して脱線状況を

確認、いやいや、脱線はありませんでした(^^

問題は今のところバック運転のKATO C11とC12

ですかね?

そうしたらKATOのテンダー機もやってみますか・・・








zzz02066.jpg
配線を辿ってのフィーダー捜索は大変ですので

リード線に通電して線路の個所を確認します

でも、ここ本線は線路塗装したままでした~(^^;









zzz02067.jpg
さて、 本線のF(フィーダー)を見つけるため

早速線路磨きからです









zzz02070.jpg
通電しては 通電確認して閉塞区間の捜索

こうして該当する線路に車両を乗せると

室内灯が点灯します。









zzz02071.jpg
配線には命名していない部分がありますので・・・・・









zzz02072.jpg
取り敢えずの命名をしておきます

これは最終的にちゃんとしたものに変更予定









zzz02074.jpg
これは本線Aの外遊線ですね 

これは過去に命名してありました

しかし先のA1と重複したフィーダーでした

と言うことは本線Aには閉塞区間が無かったんですね~









zzz02075.jpg
A線に続き 今度はB線









zzz02077.jpg
路線図にフィーダーを描き込んでいます

ただしこれはフィーダー位置ではなく

通電のあった部分ってことですね~









zzz02078.jpg
A線とB線の別々に纏めておきます









zzz02076.jpg
ここで訳の判らない配線を発見!

この図では「4」のフィーダーです









zzz02079.jpg
この様に並列配線をしてあります

当時何を考えて?何の目的で?

精査しなくては・・・・・・・

驚いたことに本線には閉塞区間がほとんど

設定されていなかったようですね(^^;








honsen0003a.jpg
それでは新たにギャップを作りフィーダーも

設けなくてはなりませんね

この図は濃い赤がA線、濃い青がB線

それぞれ薄い色は助走区間になっています

その他のグレーは別系統の操作になります

これを元に明日からギャップ、フィーダー作業と

言うことになりそうです

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

前の10件 | -
2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ