So-net無料ブログ作成
検索選択

居直り [車輛改造工作]

xxxx04758.jpg
ダイキャストフレームの この出っ張りを切り取ってしまいます









xxxx04760.jpg
アルミとはいえ そこそこ硬いです

鉄鋸で ガリガリガリ~~~~

動力装置の中に切断時の切子が入り込まないように マスキングテープを・・・・・・









xxxx04761.jpg
こうして切断すれば 殆ど切子は浸入出来ませんよね~~









xxxx04762.jpg
それと ボディー側のこの突起を削り取ってしまいます









xxxx04765.jpg
さ~て・・・・・・居直りって言うのはこれです

そう、こうなったら遮光ついでに 運転台も作ってしまおうかと・・・・・・









xxxx04766.jpg
確認のため 実際に嵌めこんでみました

色々と悪戦苦闘している間に 手摺の塗装がはがれてしまっています 

完成後には修正しなくては・・・・・・









xxxx04767.jpg
運転台に 計器盤もどきを表現!









xxxx04769.jpg
オーバースケールであろうと気にしません(^^;









xxxx04770.jpg
居直りついでに 運転席の座席も・・・・・・・









xxxx04771.jpg
それから 安全色を調合しています

なかなか思い通りの色が出ません 

趣旨としては?

安全色なのですが 実際には室内空間ですので 採光の関係で一寸暗めになりますよね~

そこで安全色も一寸暗めにしてみます









xxxx04772.jpg
0・25t のプラ板で運転席を作りましたので 光が透けて見えてしまうもの歴然としたもの

そこで 先ずは運転席裏面に黒を厚めに塗りこめて遮光に勤めようと・・・・・・

さ~て 思惑通りに行くでしょうか?


今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

世迷言 [車輛改造工作]

夜中に目が覚めてしまう すると遮光の事が気になってしまう どうしたら遮光が出来るのか?

考えているうちにまた眠ってしまう そして夢の中で遮光に成功しているんです でもそれは所詮

夢! 目が覚めてみると現実では無理なお話 

でも、その夢の片鱗でもやってみようと・・・・・・・

xxxx04749.jpg
先ほど切り出した 遮光用の紙に両面テープをはり ヘッドレンズに直接貼り付けてみました









xxxx04750.jpg
その状態で この様にテールライトケースに挿入して・・・・・・・









xxxx04751.jpg
ボディーにはめ込んでみました~・・・・・・









xxxx04753.jpg
ふふふ・・・・・・・上手く行った?(^^  夢の現実化?









xxxx04754.jpg
ところが内部では変わらずこの状態・・・・・・(vv; やはり夢は夢・・・・・・









xxxx04755.jpg
尚且つ 何度も動力ユニットを嵌めたり外したりしていたら チップLEDが端子ごと縁切りに

成ってしまいました トホホです(vv;  チップLEDの端子が取れてしまったら もう復帰は

出来ません(vv;









xxxx04756.jpg
で、また最初からやり直しです これまたチップ+LEDを半田付けしています

やることなすこと まるで世迷言の様でした~

寝ては夢 起きてはうつつ幻の・・・・・・・・・明日はちゃんと覚醒しますように・・・・・・・(vv;

それとも また夢の続きでも見てみようかな?(^^;


今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました


ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

遮光ならず [車輛改造工作]

xxxx04726.jpg
その配線の位置関係からして前後のライト間隔と 動力ユニットの容積が微妙な位置関係でした

ので少し削って小さくしようかと・・・・・









xxxx04727.jpg
ごしごし・・・・・・・

この後表面を研磨して・・・・・・









xxxx04728.jpg
それから このテールライトカバーも 容積の関係で 動力ユニットが入るような寸法まで削ります









xxxx04729.jpg
動力ユニットの容積を確認しています









xxxx04730.jpg
サイズ的には 入るはずなのに この様になってしまいます で、こちらを嵌めるとこの反対側が

この様に飛び出て 頑として動きません









xxxx04731.jpg
調べてみたら 基板に半田付けした半田が少しフレームより飛び出ていたので それを削りました









xxxx04733.jpg
それでも入りません

そこで今度は 手摺と開放テコを取り付けたために内側に出来てしまった突起も削ってみました

が、それでも嵌りません

何かがぶつかっています このあと暫く調べたのですが・・・・・・









xxxx04736.jpg
結果は 微妙に動力ユニットが前後に動きます それを少し強めに前後してみたらパチンって

スッポリ入ったではありませんか やった~ ですね(^^










xxxx04737.jpg
しかし・・・・・・・・・・・・・

遮光が・・・・・・・・・・








ここで確認動画です

上手く言ったかと思ったんですけれどね~

最後のシーンで後ろから光が漏れてしまい ボロが出てしまいました~(vv;









xxxx04738.jpg
遮光の工事は この様な仕事で使っている色の付いた紙片を使って・・・・・・










xxxx04739.jpg
この様な形に切り・・・・・・・









xxxx04740.jpg
レンズカバーと運転台窓との隙間に差し込んで・・・・・・・・

が、上手く入りませんでした









xxxx04741.jpg
そこで今度は差し込み式にしないで 両面テープで止めてみました









xxxx04742.jpg
ふふふ、見事に遮光できました~

しか~~~~~~し・・・・・・・・

ごらんの様に運転台の横窓部分に隙間が生じてしまい その部分から光が漏れてしまいます









xxxx04744.jpg
そこで 横からの光の漏れを防ぐため 今度はこの様な形に紙を加工して・・・・・・









xxxx04745.jpg
こんな風にしてみました

ところが この状態で動力ユニットを装着すると 動力ユニットがこの紙を持ち上げてしまい・・・・・









xxxx04746.jpg
結局はシースルー化しようとした運転台が埋まってしまいます 

今日は何をやっても駄目なトータンでした~ 他の方法を考えます

今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
タグ:動画

漏れ! [車輛改造工作]

xxxx04713.jpg
こんな状態です

運転台まで明るい ははは・・・・・  これでは紙おむつは使えませんよね~(^^;









xxxx04714.jpg
それと ボディースカートの間からも光が漏れています

さ~て どうやって遮光しようか・・・・・・・

それとこの青白い光 いただけません(vv;









xxxx04715.jpg
では これまでの顛末です

ジョイントの余りの板では少々厚くて加工し辛かったので もう少し薄いリン青銅板を小さく

切り出して 片側に半田メッキして両面テープに少し間隔を開けて貼り付けました

このままでは半田付けした時に熱によって両面テープからはがれてしまいますので・・・・・









xxxx04716.jpg
上からもテープで動かないように固定しました

この後チップLEDを半田メッキの上に乗せてピンセットでチップを押さえて 半田ごてを半田

メッキに乗せて ジュ~するだけで半田付けは完了します(^^









xxxx04717.jpg
半田付けし終わった リン青銅の両側を L 字型に曲げて両サイドにCRDとダイオードの足を

半田付けします









xxxx04718.jpg
その状態の写真撮り忘れましたので こちらの写真で・・・・・・・

判りますでしょうか? 明日にでも配線を紹介しましょうね!









xxxx04720.jpg
これで完成なら良いのですが・・・・・・・・・・









xxxx04721.jpg
実はこの配線作業でボディーの中にこの動力ユニットが入らなくなりました 

ここで寸法を測ってどの位ライト部品を削って収納スペースを稼いだらいいのか これから

確認作業を行ないます









xxxx04722.jpg
さて、 先ほどの青白い光を 何とかしようと こんな作業をしました

べったりと レンズ部分をクリヤーレッドに塗ってしまうと オレンジ色が濃すぎて困ります

なので 筆ではなく 針金上のもので少量のクリヤーオレンジを点々とするように着色して

乾かないうちに指を置いて塗料を伸ばしたり 擦り取ったりして こんな感じで斑状な仕上げを

しておきます









xxxx04723.jpg
その工事で あの違和感のある青味が解消されました 

落ち着いた色に光っています ついでに遮光していませんのでテールライトも点灯しています(^^;









xxxx04724.jpg
それで・・・・・・ テールライトカバーを取り付けてみます このカバーはテールレンズをスッポリと

隠すような構造になっています

しかし このじょうたいでは 電飾した動力ユニットがぶつかってしまい嵌らなくなってしまいます

テールライトカバーの一部を削ってみてはいるのですが・・・・・・・・・・


今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

目を入れる! [車輛改造工作]

xxxx04696.jpg
白い部分のエアーフィルターが 殆ど見えなかったんです が、実車では小さな写真でも白い部分

にフィルターが見えるんですよ~ 

昨日 それを表現してみたんですが どうでしょうか? それとなしに見えるでしょう?

それはそうと 昨夜のso-netなにがあったのでしょう?

コメント中に突然フリーズ! リセットしたら二度とso-netブログに入れなくなりコメント断念!

なんでだろう~なんでだろう~・・・・・なんでだ何でだろう~♪








冗談は顔だけにします(^^;
xxxx04699.jpg
スノーブローの取り付け方法がまだ見つかりません(vv;









xxxx04700.jpg
さて、ヘッドライトの取り付けでも行ないましょうか・・・・・・・・・

この部分を切断します 丁度この部分がライトレンズの位置のようなのです ここで目を入れるって

そう、ヘッドライトの事です








xxxx04701.jpg
ライトレンズも切断します









xxxx04702.jpg
切断した側のめんを研いで バフしてみました









xxxx04703.jpg
テールライトのカバーも切断します

これが運転室を埋め尽くしていたので これも 線の部分で切断します









xxxx04704.jpg
使うのはテールライトカバー部だけです









xxxx04705.jpg
電気配線をするため +側に+のマークを付けました







xxxx04706.jpg
配線には この元付いていた基板を使います









xxxx04707.jpg
簡易な絶縁をする為にマスキングテープを使用しました









xxxx04708.jpg
使う部品は これ!

15mAのCRDとスイッチングダイオードです









xxxx04709.jpg
そしてプリント基板は ライトが付いている部分は使用しないで 根元の方だけ切断して使用

します









xxxx04710.jpg
それに配線をして・・・・・・

この時点で極性を間違えているの気づきませんでした 全く逆です

あした訂正します(^^;









xxxx04711.jpg
使えるものは何でも使う

これはフレキ用のジョイントランナー? 折角のリン青銅板ですので 通電用に使わなくては

勿体無いです(^^;

ってなところで時間になってしまいました

明日はLEDの取り付けですね~


今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。
ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

お花見? [車輛改造工作]

xxxx04689.jpg
桜のお話ではありませんよ~









xxxx04677.jpg
スノーブローを製作したのですが・・・・・・・・









xxxx04676.jpg
その取り付け方で立ち往生(vv;

この様に引っ掛けの足をつけてみたのですが やはり部品の性能が悪いせいで上手く嵌りません

さて、どうしたものか・・・・・・









xxxx04678.jpg
スカートに色々な部品を追加したものですから 台車がぶつかる感じなんです 台車が微妙に

前後に動くため当るって感じです

そこで走行テストをしてみたのですが・・・・・









xxxx04680.jpg
考えてみたら ボディーを被せた時と 被せない時のスカート位置が違っていたら 何の意味も

ない走行テストでしたね~(vv;








xxxx04670.jpg
昨日の作業で この様な工作をしたのですが・・・・









xxxx04683.jpg
色々写真を調べてみると 本来は 追加した突起部分からはエアーホースが出ていなく こんな

感じに見えるんです なのでこの後削って整形してみます









xxxx04684.jpg
ついでに手摺と言うか この様なステップを付けてみました









xxxx04685.jpg
こんな感じです

いや~小さい小さい(^^;









xxxx04691.jpg
それからほんの少しボディー自体に変更をってことでマスキングして









xxxx04692.jpg
実物写真ではこの様な感じに見えましたので ほんのりと黒を吹き付けてみました









xxxx04693.jpg
エアーフィルターと言うかルーバーと言うか 少しくすんで見えますでしょうか?









xxxx04694.jpg
さて、問題はこちら

一応、スカートステップを接着してみました この後整形して表現なのですが・・・・・・・・

これをどうやってスカートの下に固定すればいいのか?・・・・・・

ってなところで時間切れ~~~~~


今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

完成近し? [車輛改造工作]

xxxx04664.jpg
新規にスノーブローを作っています









xxxx04665.jpg
スノーブローとはかけ離れた形をしていますが・・・・・・(vv;

でも、誰がなんて言ったって これはスノーブローなのだ~~~~~(vv;









xxxx04666.jpg
今度はスカートに 変な突起を接着しました

写真では余り良く見えないのですが なんだかこんな様な格好をしているんですよ~









xxxx04669.jpg
それにこの様な穴を開けて・・・・・









xxxx04670.jpg
こんな風にエアーホースをつけます








xxxx04667.jpg
やることは 矢継ぎ早に変わります

この部分タンポ印刷の弊害ですね~ 深い部分まではインクが回りません









xxxx04668.jpg
折角手摺を塗るために作った色ですので その余った分でレタッチしてフォローしました








xxxx04671.jpg
開放テコも ミッチャクロンを下地にして筆塗りしたのですが やはり太ってしまいましたので

シンナープールに漬け込んで 脱脂します ミッチャクロンを使ったら筆塗りよりエアーブラシ

の方が良いようですが つい面倒なもので・・・・・・テヘッ(^^;








xxxx04672.jpg
で、代わりに 黒マジックで塗ってしまいました








xxxx04673.jpg
その開放テコを取り付けて・・・・・・









xxxx04674.jpg
こんな感じに・・・・・

スカートの丈をカプラーが動くようにと丈を長くしたのですが 今のところたいした違和感は

無いような気がします








xxxx04675.jpg
これにカプラーとスノーブローが付けば少しは格好が付くかも知れません

そう言えば もう銀河のエアーホースの手持ちが全然ありません それと完成近し?って

思っても後は運転台シースルー化に伴い ヘッドライトのLED化と移設の工事が必要に・・・・・

それを考えると 完成にはまだまだ程遠い感じですかね~

本当は カプラーをナックルに代えるって事が原点だったのですが ナックルには全く対応して

いないことから始まった工事 お陰でまたレイアウトの工事が止まってしまっています(vv;


今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。

ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


手摺 [車輛改造工作]

xxxx04652.jpg
どうしてもミッチャクロンを吹きかけてから筆塗りすると 折角の細い手摺を付けても結構太って

しまいます なので 今回は脱脂しただけでそのまま筆塗りにかかります









xxxx04653.jpg
そして筆塗りが終わりました 

これを塗るためだけに 昨日の色調合を行なったんですよ~(^^;









xxxx04654.jpg
構造的にはおかしいと思うのですが カプラー取り付けるため スカートの丈を伸ばします

これは絶対におかしいですよね~ しかし他の方法が見つからなかったもので・・・・・(vv;









xxxx04655.jpg
こんな風に成りました









xxxx04656.jpg
窓下の手摺を取り付けました

Φ0・2mmの真鍮線なのですが それでも太いですね~ 

冷や水鉄道で初の窓下手摺に挑戦でしたので 誇張して少し浮かせ気味にしました~









xxxx04658.jpg
下の手摺も付けました









xxxx04659.jpg
ここでスカートを付けた状態の感じをと思っていたのですが すっかり撮り忘れましたァ~









xxxx04660.jpg
さて、そのスカートなのですがぶっつけ本番の製作の続きです

板バネ保持用の柱を接着しました さ~て思い通りに出来るでしょうか?









xxxx04661.jpg
はい、先ず最初の問題点です 台車にぶつかりますね このまま進めると曲線では脱線して

しまいますので 現時点では 直線専用の機関車です(^^;









xxxx04662.jpg
板バネが機能するか判りませんので 確認の作業です 

違和感無くカプラーが首を振って 元に戻ります(^^  あれ~?カプラーの向きが反対でしたね

今日もドンくさい トータンでした~(^^;


今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。
ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

色調合 [ちょい工作]

xxxx04646.jpg
電気的には復旧していても 路線がダメージありって考えもしませんでした でも、なんとか運転も

出来るようになり ほっと一安心です 欲言わば未だ直したい路盤も存在していますけれど・・・・・









さて、本題です
xxxx04647.jpg
なんどか手持ちの塗料を混ぜ合わせてJR貨物色の色を作っています

同じような色にも見えますが若干違うようにも思えます でも、レタッチとかですから似通った

色でも済んでしまいそうですからね~









xxxx04648.jpg
開放テコとか手摺とか 脱脂のためシンナープールに漬けています

今回は出来が太ってしまいますので ミッチャクロンは使用しないことにします








xxxx04649.jpg
それと スノーブローも自作しないとならないようです  で、スノーブローの角度に切り出した

1mmのプラ板です これに少しずつ貼り足して行き削り出していこうかと思うのですが 思う様に

行くのでしょうか?








xxxx04650.jpg
スカートも カプラー高さを保持するため 0・5mm嵩上げします 実車とはイメージが変わって

しまうかも知れませんけれど スノーブローを削って表現するより こちらの方がより感じが

良い様な気がするんです(^^;









xxxx04651.jpg
先ほどの貨物色 白に続いて暗い方の青の調合をしてみました 乾燥したらどの位変わるのか?

結果待ちです

本当はもっと色々なことやったのですが 写真撮るの忘れてしまい 記事に纏められなかった

のです  なんだかメインは色の調合って感じになってしまったような・・・・・・・(^^;


今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。
ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

山線復旧! [車輛改造工作]

xxxx04628.jpg
かなり無理な体勢での作業でした~(^^;

片手を壁に付けて身体を支えて 残りの片手一本でこのガードレールを取り付けるんです










xxxx04629.jpg
この場所の工事には レイアウト台の上に登らないと出来ないんです

それを想定して山の一部を外して この様に足場板を置いて それからの作業なんですよ~










xxxx04630.jpg
作業が終わったら足場板を外して この様に山の一部をはめ込むんですよ









xxxx04631.jpg
しかし これらは以前ダンボールで作ったものですから この様に収縮して活断層が出来て

しまいました









xxxx04632.jpg
ここなどはひどいもんですよね~

今度余裕が出来たらダンボールではなくてスタイロフォームで作り変えることにしたいです






それでは 復旧した山線の周回通し運転の模様他をご覧下さい 一寸手振れが凄い

のは ご容赦下さい 酔わないように・・・・・・・・

まだ少し電気配線の作業が残っていますが とりあえずの復旧ってことになりました

話題はまたまた変わります(^^;









xxxx04633.jpg
一昨日製作した 66-100用の開放テコですが 後で写真確認したら形が違っていたんで

左の様に作り替えました









xxxx04635.jpg
もともと この作業を始めたのは 当方ではアーノルドカプラーでは連結出来ないためカプラー

交換しようとしたら それが全く出来ない仕様になっていたもので それを何とか交換しようと

思ったことから始まったんです

が、実際にカプラーを取り付けようとしたら この様にカプラー下部がスカートより下に出て

しまいます

実車の場合は カプラーがスカートの中に付いていますが そのように表現したらスカートの

裾を2mm程伸ばさないとなりません 写真での比率を計測したら そんな長いスカートを

履かせた女番長みたいになっちゃいます(^^;









xxxx04636.jpg
それでは どの様にしてカプラーの高さを確保して製作するかってことになってしまいます

スノーブローも可動式になっていましたので ぶつからないように薄い仕様ですので 少し

嵩上げしようと 0・25t のプラ板でやってみたのですが どうやらタミヤのセメントでは弱い

様で すぐに取れてしまいます 別の方法を考えなくては・・・・・・・・









xxxx04637.jpg
それよりも 位置関係が問題なので ぶっつけ本番でカプラー取り付けして行き スノーブローの

形を考えた方が 私の様に計算が苦手なものには早いかも?って思い出発進行~~~~~









xxxx04638.jpg
この様なものを作りました カプラー台と言うか カプラー天井と言うか・・・・・・・









xxxx04639.jpg
スカートの中にこの様に接着します









xxxx04640.jpg
更にはこの様なものを切り出し・・・・・









xxxx04641.jpg
こんな感じで補強しました これがカプラー取り付けの天井になりますね(^^;









xxxx04642.jpg
取り付け方式は このカプラー支持の構造になりますかね これの逆さバージョンって言った

方が正解ですかね









xxxx04643.jpg
カプラー取り付けの柱の穴が曲がって開いていた様で カプラーが少し上向きになってしまい

ました 柱を矯正しないとなりませんね~ 全く素人の作業って奴は・・・・・・・・・・・(vv;









xxxx04644.jpg
しかし、こんな大事の工事になってしまうとは・・・・・・・・

これだけならまだしも この後にもとんでもない作業が待っていますので って考えると少々憂鬱

なような 楽しみのような・・・・・・・・・・複雑!


ってな訳ですが 時間切れに・・・・


今日も拙いブログに最後までお付き合い頂きましてありがとう御座いました。
ブログ村に参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
タグ:動画