So-net無料ブログ作成

我慢我慢 [鉄橋製作記]


zzz04897.jpg
前回ではこんな感じで厚紙プリンター用紙にプリントしたものを

ボール紙に貼り付け切り抜いたのですが 付いている面数が多いため

圧着が効かなかったような気がしたもので・・・・









zzz04909.jpg
今度は面数を減らしてこんな感じにしました









zzz04910.jpg先ずは当りの部分のみ切り込みを入れて・・・・









zzz04911.jpg
その切込みを目安として裏側に瞬着を









zzz04912.jpg切り抜き終わったものに瞬着をピンセット部分を除いて全体的に

塗布します

切り抜きは2個ずつにして この次の2個の切り出しが終わるまで

瞬着を乾燥させています









zzz04913.jpg
時には場所によってフリーハンドの切断です









zzz04914.jpg
当たりを付けた切断面は切り口にも瞬着が回ってしまい

今度はその切り口の切断に苦労しました~









zzz04915.jpg
まだまだです

これで5分の2ですから

今回は65枚の切り出しになります 我慢我慢の作業です









zzz04918.jpg
これで約半分

我慢我慢です

今日も戯言に最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


⇒今日のトップに戻る



ブログランキングに参加しています 宜しければ 下のバナーをポチっとして頂くと嬉しいです!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


鉄道模型 ブログランキングへ

nice!(24)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 24

コメント 6

Gut

やはり柵の支柱がヨレてしまうんですね。
加工のしやすさと強度は反比例してしまうので難しいですね。
いまはレーザーカッターを個人で買える時代になりましたが、決して安くはないですし、使用頻度を考えるとどうしても躊躇してしまいます。
トータンさんが使っている紙は厚さ0.4mmでしたっけ?それを貼り合わせて0.8mm?
by Gut (2018-06-11 06:36) 

トータン

Gut さん nice!、コメントありがとうございます。
そうなんです、紙のままの切断は比較的簡単なのですが切り出した後の加工で剥離や折れなどが生じてしまいますね 逆に瞬着で固めながらの作業になると今度は切れにくくなってしまい痛しかゆしですね

紙は0.4mmだけではないですが今回はその0.4mmの物を使っていますが印刷した紙は0.2mm~0・1mm程度の物との貼り合わせですので出来上がりは0・6~0・8位です
by トータン (2018-06-11 12:47) 

青い森のヨッチン

角のプラ棒で組んだ方が簡単ではと思うのは素人考えなんでhそうねぇ。(対象が細かすぎますかね)
私は細かい切り抜き作業が大の苦手&飽きっぽいのでこの作業はパスですかね~
まさに”忍”の一文字。頑張ってください。

by 青い森のヨッチン (2018-06-11 13:49) 

とろ

細かい作業お疲れさまです。
昔,HOの車両をペーパーで作るときの下地処理にサーフェーサーを使っていましたが,いかがでしょうか?最近はホームセンターで自動車用ですが売っています。
by とろ (2018-06-11 14:20) 

トータン

青い森のヨッチン さん nice!、コメントありがとうございます。
プラね~私の知っているものは1mm角のプラ棒が一番細いかも? 紙は1mm以下のサイズでも作れますし風化がプラよりも遅いような気がするんです 現に既製品の鉄橋などレールクリーニング中に棒が当たって簡単に折れてしまい修復困難で紙で作り変えたなんてこともありましたから(^^; これからも紙で行きます(^^;
by トータン (2018-06-11 22:52) 

トータン

とろ さん コメントありがとうございます。
そうですね~車両の場合は磨きが必要でしょうけれど鉄橋は完成後にウェザリングというか汚しもありますので表面は粗い方が実感的? といいつつ、実は横着者ですので少しでも工程を省略してそれっぽく出来上がればいいやってタイプなもので・・・・・(^^;
by トータン (2018-06-11 22:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。